2017 SNS物語


2016.Dec.23の朝

クリスマスイブ前日の天皇誕生日の朝、僕は朝食の準備をしていなかったので、マツダ・デミオで「すき家”で朝食をとることににした。すき家に入ってみるとこれから仕事なのか、仕事が終わったのかはわからないが、数人のいつも僕が関わっている仕事の人種でない人達で、男飯と言わんばかりの朝食を取っていた。僕は、鮭をつまみながら、この人達の今日一日はどんなものだろうかと想像てみた。そして、車を走らせiPhoneの同期からTHE DOOBIE BROTHERS/LONG TRAIN RUNNINを聴きながら、ドライブスルーのあるスタバに向かった。スタバでは数人が読書にふけっていた。朝の7時に「何故スタバで読書?」と自分お生活にない人達の人生も勝手に想像してみた。でが、朝のスタバは、スタバのイメージにふさわしくないようなおばさん達はいなかっので、良いスペースであった。

SNS物語

スターバックスラテを飲みながら、休日のオフィスのあるビルに向かった。途中、小さな虹を見つけた。「今日もいいことありそう!」と仕事に向かう。ハンドルを握りながら「僕は田舎暮らしっていいな~」とFleetwood Mac- Mirage Tour 1982を聴きながら信号待ちでちょっとInstagramをチラ見した。

2017 SNS

オフィスについて、僕はいつもより、長い時間瞑想をした。そして、今年最後のこのブログを記事を更新することにした。そして、SNSについて書いてみる。
SNSやブログで自分のメディアとして発信していくことは、「モノ考える」・「コミュニュケーション能力を高める」という効果があると僕は考える。その他にこの作業の重要性を堀江貴文(ホリエモン)伝説のスピーチ ー近畿大学卒業式が語っている。彼のことをほとんどフォーカスしていなかった僕は、このYouTUべを観て話は下手だが、時代感覚のある人だな~と敬意を数度見返した。彼は多くの情報に接する必要性を説いている。そして、感動的だったのは、「仕入れた情報を自分の頭で考えて発信すして、自分ので整理して・・・」と語っていた。

経営者ならパーソナルブランディングをSNSで

接する必要性では、企業のトップが自分の考え方を世に発信する必要があります。どんな企業理念なのか?どんなビジョンとミッションで経営を行っているのか?そして、そのビジョン・ミッションは何故できたのか?どのように社会を変えたいのか?それらを語る必要があります。何故ならば、企業罫医者の思いなどユーザーに届かない時代になり、情報や多くのビジネスが自社の優れた商品だけのコンテンツがネット上で崩壊しつつあれからです。経営者が自社の商品や食べ物をFacebookでアップするのもいいけれど、SNSでは、あまり好まれない長文を使って語る必要があります。そして、それは、「いいね!」の数は少ないでしょうが、ボクシングのボディブローのようにユーザや社会がパーソナルの価値を評価してくれます。

自分の思いをSNSで

「こんなことをポストするとSNS友だちに嫌われる」なんて考える必要もないでしょう・世の中には、同じような考え方をしてくれる人地は沢山います。SNSで人気取りをするより、自分を表現してみませんんか?2017年、高度なSNSの利用方法は、自分を磨くツールとして活用しましょう。そして、何が社会のために自分ができるのか?考えるのもいいでしょう。」.いいねの数をたくさんゲットしても、Instagramで多くを拡散しても、自分が成長できなければ、SNSというツールを十分使いこなしていないことになります。

自分を変える簡単な方法

多くの人に会い、多くの人の話を聴き、時間のある限り本を読んだりセミナーに参加する。これだけすれば自分は大きく変えられます。時間とお金の使い方をそれらに費やすのです。しかし、それらもままならなければ、SNSで多くの人の考え方を知ることで、自分が変わることが出来ます。できるだけ多くのタイプの人の考え方を知るだけでいいのかも知れません。僕が瞑想をしているのもアメリカ人のIT企業成功者をフォローしていたからです。

まとめ

本質を見抜く力を持って欲しい。そして、SNSで自分を表現して欲しい。社会を動かしたり、世の中をもっと良くするためにもSNSを使って欲しい。保育園の問題のように社会を動かせる主婦もいました。そんな大きなことができなくても出来ることは沢山あります。そんな思いが僕にはあります。そして、自分探しや自分を変えるチャンスを見逃さずに人間的に成長して欲しい。

Related posts