レスポンシブ ウェブ デザインってGoogle SEO評価が本当に高くなるの?

レスポンシブ ウェブ デザイン

今僕は、ローカルのSEO対策に真剣に関わっている。そのためWordpressのテストサイトを作ってみた。
ローカルSEOのお勉強というブログだが、真鯛ページしか書いていない。つい最近このブログでもレスポンシブルとGoogle SEO?という記事を書いてみた。日本のGoogle検索がGoogleづログにあるように本当にレスポンシブル デザインを評価してくれるのは、ちょっと疑問である。
Googleデペロッパーズ レスポンシブ ウェブ デザイン
Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法

レスポンシブ ウェブ デザイン

確かに僕の感触と同様なことを書いているサイトもある。しかし、モバイル対応は必修であることは、言いを待たない!
レスポンシブWEBデザインに期待しすぎるなー!

WEB制作会社では、レスポンシブルデザインを採用すると

コーディング作業・デザインの単調性の2つの点に問題点がある。つまり、制作経費は間違いなく拡大する。Wordpressであれば、プラグインで対応すれば、モバイル化は成立する。だが、TOPページから見やすいモバイルページを作るには、レスポンシブルデザインを採用するのがベストである。だが、スマホ専用のjクエリを多用したサイトの方が更にいいのではないか?もちろん、更にWEB制作は増額される。

SEO対策で一番重要なのは?

僕のようにローカル企業で全国をターゲットにするWEB制作をすると、どうしてもニッチなキーワードで、古いドメイン・被リンクが条件となる。それらの条件を無視して、ただがレスポンシブルデザインにしてもgoogleは見向きもしないだろう?インデクスされたコンテンツページからの被リンクのほうが基本的に評価されると僕は実感している。

ローカルSEO»
長野県松本市のホームページ制作会社 SEO»

Related posts