iPhone6 plus & iPhone5S と長野県の地震

iphone6 plus

僕は、長野県松本市でWEB制作会社を経営しているので、自ずと長野県松本市に住んでいる。
松本駅内の分譲マンションなのだが、昨夜の5Fでの震度4は、かなり驚いた。昨夜のというより恐れおののいているのが真実だ。

iphone6 plus

そのとき、僕は、ソファーでくつろいでいたのだが、飛び起きた。そして、揺れに驚きながら、手に入れて一週間はiPhone経つiPhone6plusplusが「地震ですよ〜!」と響くので鳴り響くのである。正直、「あんたに言われなくても、分かるわ〜!」と言いたいところだったが、それどこれではなかった。

2台のiMacも無事に立っている

僕の驚きと恐れに反して、被害は何もなかった。しかし、余震を恐れ、冷蔵庫にあるいただいた高級缶詰をワインと一緒に胃に流し込んだ。しかし、一人暮らしの4LDKは、かなり怖い。守る人でもいれば、この恐怖感も変わるのであろうが?「もしこれ以上の余震があったら〜?」と不安が募った。

ところこでろで、iPhone& plusは?

僕は目が悪いので、このサイズはとても重宝している。もともと友達の少ない僕には、直接電話もそれほど掛かってこない。しかし、電話にもそれほど不便さは感じられない。怖いのは、ズボンの後ろポケットに入れると折れそうなぐらい薄いことだ。

使いずらくなった点は、淵源スイッチがスイッチが右横にあるので、すぐ押してしまう点だ。しかいs、電源が切れるわけではないので、それほど気にならない。問題は持ち運びだけである。

大きいから便利な点iPhone& plus?

ネット検索やSNSではとても使いやすい。これでは、完全にiPadミニなどは不要になってしまうほどである。それよりとても嬉しいのが、まだ使い始めたばかりかも知れないが、バッテリーの炉長持ちするのが嬉しい。これが最大の利点かも知りない。

Related posts