Facebookの広告とAdWordsの媒体特性


AdWordsであなたの商品をアピールしてみませんか?という案内ややたらに増えたような気がするが、Facebookも広告にかなり力を入れてきているようだ。海外では、自社のFacebookページに「いいね!」をするようにTV広告やサイン広告をする企業が目立っている。実際のところ、AdWordsとFB ADとどちらが効果があるのだろうか?考えてみた。

facebook my san

費用対効果はAdWordsかな?

僕の会社では、AdWordsのビジネスパートナーであるで、広告の出稿度は高い。FB自体は、それほど出稿経験がない。ここで、媒体特性を考えてみよう。

AdWordsは、検索により表示されるパターンの方がコンバージョン率は高くなる。
AdWordsは、FBに比べて、「何かを探している!」そんな人が利用する。
それに比べて、FBは、時間商品のなかの広告となる。それ故に「こんなあったらいいな〜」なんて広告になります。

FB広告には、ユーザへの同義付けが必要となります

時間消費をしているFBユーザーが求めていない商品を販売をする。サービスを提供するには、ユーザーに同義付けが必要となります。AdWordsでは不要の作業にはなります。言い換えれば、FBでは、付加価値の高い商品やサービスは広告的には効果が見込めるということになります。また、新しいサービスなどは、Google AdWordsより遥かに広告効果を得やすいといえるのではないでしょうか?

Facebook for Business Newsでは、以下の様な紹介がされています。

———————————————————————————————-
■広告デザインアップデートについて
Facebookでは広告メニューを簡潔で統一感のあるものにするための取り組みを続けています。
7月に一部メニューの統合を実施したのに続いて、今回広告メニュー間やプラットフォーム間でのデザインを統一するため、
一部広告のデザインを改善することにいたしました。具体的な変更点は以下の通りです。

■Page Post Ad(リンク投稿)や、Offer Ad(クーポン広告)、Event Ad(イベント広告)、
Like Ad(ページの「いいね!」広告)などで、画像が大きく表示されるようになります。

■デスクトップとモバイルに表示されるニュースフィード広告について、画像のアスペクト比が統一されます。

■デスクトップ右側において外部誘導という同じ目的である、
Standard Adとリンク付きのPage Post Ad(リンク投稿)のデザインが統一されます。

新しいデザインは9月10日(米国時間)よりデスクトップとモバイルの両方で実施の予定となります
すでに一部でお伝えしております広告とスポンサー記事の統合は、9月以降に追って実施の予定となります。
詳細は添付資料をご確認ください。
————————————————————————————————–
最新のアクティブユーザー数について
Facebookでは利用動向を示す指標として、これまで月間アクティブユーザー数を適宜お伝えしてきました。
今回、これに加えてデイリーアクティブユーザー数や、モバイルでの数字もご案内可能となりました。
2013年7月時点における、日本の数字は以下の通りです。

■月間アクティブユーザー数(MAU)       :2100万人
■デイリーアクティブユーザー数(DAU)     :1400万人
■モバイルの月間アクティブユーザー数(MAU)  :1800万人
■モバイルのデイリーアクティブユーザー数(DAU):1300万人

————————————————————————————————–
(中略)

https://www.facebook.com/facebookforbusiness/news/Dinner-and-a-Show-Two-Changes-to-Mobile-Pages-that-will-Help-People-Find-What-Theyre-Looking-For

————————–

Facebook SMB広告代理店グループ から和文は引用しました。
Yuta YamasakiさんのFBから

Related posts