有名キュレーターをキュレートしてみるブロガー。


多くのブロガーは、Facebookを利用することで、キーボードを叩く時間が少なくなっているのではないでしょうか?また、Facebookを利用し始めて、ブログを書くことに目覚めた人もいるのだろう?インターネットの時代には、当然文章を作成する時間が増えてきた。「長い文書を書くのが苦手」なんて言っていられない。しかし、一方では、Tumblrのように画像や引用文をリブログ(キュレーション)して、ブログを構成させることができるサービスが人気を博している。これらなら文章を書く必要さえなくなる。

Cushions

そんな時代でもやっぱり言葉の威力というものは強いものだ。そこで、僕も力のある文章が書けるようにコピーライトを学び始めた。自分のビジネスには最も必要な技術の一つなのです。今、読んでいるのが、ダイヤモンド社のグロービスMBAビジネス・ライティングなる書籍です。

今回は、そんな文章を作成するのが苦手な方にオススメするブログ作成方法のご提案です。

有名キュレーターをキュレートしてみる。

有名ブロガーのようなネタでブログを書くのは難しくても、有名キュレーターの価値感が自分に合えば、それをネタにブログが書ける。更に、自分なりの反論や自分の方が有名キュレーターより、質の高い情報や鮮度の高い情報を持っているば場合がある。であれば、共感できる部分では、有名キュレータの情報を補足してあげる事もできる。その逆であれば、反論なども面白い。ただのキュレータになるより、Creativeな作業ではないか?

そもそも「キュレーションって何?」って方へ
佐々木俊尚氏は「キュレーション・ジャーナリズムとは何か」という記事の中で、キュレーションを以下のように定義している。

キュレーションは情報を収集し、選別し、意味づけを与えて、それをみんなと共有すること

キュレーション時代の幕開け

ICONS

有名キュレーターとは?
Flipboadのキュレーターリストには以下の人達の名があった。
松村太郎・ISDEA*IDEA・佐々木俊尚・コグレマサト・坂井直樹・加藤たけし・田端信太郎さんなど

有名キュレーターのキュレートを自分なりに評価するブログを書く!

つまり、自分が気に入ったキュレートをキュレートしてみるという行為となる。
例えば、A氏のこのキュレートは、とてもありがたいのだが、僕はこのキュレートにはあまり価値を感じない。それより、このカテゴリならB氏のキュレーは面白い。いや僕の方が・・・

そんなブログがかければ面白いのかも知れない。出あるならば、有名ブロガーのTWitterでもフォローしてみることだ。

自分の価値観をしっかりと持つこと!

これらの行為は、自分の価値観をしっかりと持っていなければ、ただの”マネ辛坊ブログ”になってします危険性が多い。もしくは、批判ばかりのブログになる。Tumblrのように画像や2チャネルの引用を批判したり肯定するより、自分在りのコンテンツをしっかり構築した方がいいと僕は思う。つまり、大切なのはくだらないことでもいいが、自分在りのこだわりや価値観基準を持つべきだ。出来れば細かいところまではっきりした自分の物差しを持つべきだと僕は思う。これは、Facebookの「いいね!」も「シェア」も同様だと僕は思う。

Related posts