楽天 vs amazon。どちらが優れているのか?「買う側と売る側の視点」


楽天、アマゾンどとらもにも出店、あるいは商品を提供しているクライントはいる。そして売る側をサポートする立場と購入する側のユーザーの立場と異なった視点で、この2つの巨大通販サイトを検証してみた。このブログ最下部には、僕が制作したinfor.amのインフォーグラフィック(未完成)をご覧ください。

週刊ダイヤモンド

楽天vsアマゾン「日本で勝つのはどちらだ!!」週刊ダイヤモンド 12/15
この雑誌を読んでいるとユーザーの満足度は、アマゾンの方が高い。僕的にはアマゾンはなのだが、あなたはどちらですか?

ユーザーの視点とデーター

まず、国内人気では楽天がアマゾンをリードしているようだ。売上高、商品量とも以下のデータに示されている。しかし、この数字通りのユーザーが支持を受けているのとは僕には出来ない。もちろん、システムが優れているから売れる訳ではない。

楽天 アマゾン
利用者数(月間) 3860万人 4483万人
商品登録数 1億点超 5000万点超
年間流通額 1兆円 7000億超

僕の個人的ユーザーの視点

どうしても書籍を購入するのが、アマゾンなので、アマゾンの利用頻度が高くなる。また、個々の店舗のいい加減そうなお店のデザインの楽天は好まない。システムが統一されている楽天の方が買いやすいのは事実だ。

  • 複数の商品を買うと到着や手数料が異なる楽天は面倒である。
  • 返品も簡単に受けうてくれるアマゾンの方が親切
  • サービス面では、アマゾンの一括したサービスが利用しやすい

販売サイト側の視点

商品の特性により、どちらのサイトが売れるのかを一概に解説することは出来ない。しかし、原価率の低い商品であれば、楽天をススメる。商品が優れていれば、アマゾンを僕はクライアントにススメる。

楽天の出店プラン・出店費用Amazon出品サービスを比べてみると楽天の方が格安となっている。また、楽天は在庫を自社で確保しておけば良い。ところが、楽天のシステムでは、広告費を捻出しなければ、それほど売れるものではない。いや、楽天で売れる商品は、殆どが利益を得られるているのか?疑問にもなってしまう。ある意味でAmazonも同様な点はある。

楽天でのメーカ品なら利益より販売マージンで稼げるタイプのビジネスやサプリメントなどの原価安いものなら、宣伝費を多額に利用できるので、楽天の方がビジネスになる。また、適度に売れれば良いのなら楽天の方が出店も楽だ。しかし、質も低下する恐れがある。ユーザーもその辺を見抜く力があると賢いネットショップングが出来るのだろう?

システム比較

書籍を買って他の商品を買いやすいAmazonのレコメンドシステムは優れていると僕は思う。それに比べて、楽天のリマーケティングシステムは、鬱陶しい。一度見た商品が、楽天のバーナーで紹介されるシステムですが、Google アドワーズでも僕らでも簡単に設置できる。

もちろん、販売システムもAmazonの方が遥かに優れている。しかし、楽天ポイントは、それはそれで役に立つ。Yahooショッピングでは、Tポイントが使える。独自サイトではそれらのサービスが出来ない。しかし、こだわりの商品を販売したり、購入するのであれば、楽天やアマゾンは不要だ。

Related posts