PinterestとjQueryが変えるこれからのショッピングサイト。


Pinterestが活用できるのはショッピングだけでなかった!

米シラキュース大学が、Pinterestを用いた「未来の図書館」アイディアコンテストを開催したようです。この記事を読んで、僕はPinterestの可能性を強く感じました。
新しいショッピングサイトとして活躍しているソーシャルメディアが、図書館としても活用されるアイディアを見るのが楽しみでした。
米シラキュース大学、Pinterestを用いた「未来の図書館」アイディアコンテストを開催中

Joe Murphy Pinterest

A Pinterest Contest for the ‘New Librarian

jQueryのZaoopのショッピングサイト

もうひとつ僕が最近、興味を持っているのが、jQueryを活用したショッピングサイトだ。特別新しい話ではないが、Amzonが最高額で買収したZappoのTweet Wallが実に面白い。モバイルで見ても楽しいし、大画面のPCモニターで見ると実に楽しい。

tweetwall.apps.zappos.com

tweetwall.apps.zappos.com

Pinterest的なソーシャルを巻き込んだショッピングサイト

ウインドショップングが、家の中からでも出先からでも楽しく行えるのは実に素晴らしい。このZaoop のTweet wellはPinterest的なサイトであると僕は感じた。実際の購入するカートのあるサイトは別に設けられている。それぞれのユーザーの価値観により商品の価値が決まる。

Sale Shrimp بازار میگو

売り手側のメッセージ不要の時代

Amazonと楽天市場の違いは、多々ある。僕がAmazonを好むのは、一定のクオリティをAmazonが抑えている点で、個々のショップをモールとしている楽天市場に信頼性がかけるからだ。

そして、もう一つ大きな要因は、楽天市場のランキングは、本当のユーザーの声ではないからだ。
ソーシャルメディアでユーザーの声を反映されるスタイルが現在のショッピングサイトの向かっている方向性だと思う。売り手の声より、買い手の声を信用するのは、当たり前の話でもある。

shoe shop

ショッピンは楽しい!

本来ショッピンは楽しいものだ。モノを選べる楽しさは誰でも感じるだろう。そして、人は自分のショッピングが成功したことを喜ぶ。それを自慢する人も多い。つまり、いいものが買えたり、安く買えたりのが、嬉しいものだ。

これからのショッピングサイトは、楽しいサイトで、「ソーシャルメディアのユーザーをどこまで取り込めるか?」によるのではないかとさえ思える。

顧客に選択させるテクニック

Related posts