The Social Web of Thingsを見て感じたこと!


先日、シリコンバレーに支社のあるシステム系の会社の社長から、これからの電気制御関係の未来について、眠くなるほど話を聞かされた。iPhoneやiPadのようなモバイルが生活に関わってくるという話もあった。自宅のTVのリモコンもドアのキーもスマフォで対応できる時代が直ぐそこに来ているようだ。そこでSwitcheEricsson’s Hyper-Connected Vision of the Future, The Torrenting Turtle Weighs Inという記事を思い出した。

The Social Web of Things

生活の全てがソーシャルウェブのなかにある時代

日本でもFacebookがかなりの人気になった。FacebookのIDがあれば、その他のWEBサービスも簡単に利用できるOPEN ID化されている。そして、iPhoneからiPad、Ipad Mineとモバイルディバイスで、ソーシャルWEbを楽しめる時代だ。近年、自動車のハーネス(電線)にもLANが引かれるようだ。そんななかで、生活まるごとが、ソーシャルウェブのなかにある状態となる時代もそう遅くないだろう? 安い機能的ではないスファは棄てて、iPhone5を手に入れる必要のなる中年おじさんは、よくこのビデオを観て欲しい。

The Social Web of Things

朝起きて、コーヒーを沸かして、トーストの焼き上がりを待つのも,、ドアの鍵を閉めて、車のエンジンを掛けるのも、タイムカードも、外出中の掃除も、、、、、ソーシャルウエブが管理する時代になるのです。「Facebook、分けわからない〜!」なんて、最近、耳にすることも少なくなったけど、時代はどんどん変化することを感じてください。

Related posts