驚異的なTumblrのページビューのその裏側。


今年の9月に、Tumblrのページビューは驚異的―Wikipediaを抜いたというレポートがあった。まるで女子のアメブロの無駄な改行のようにページビューを稼いでいるTumbleのシステムは、スマフォなどでも見やすくなっている。かなり以前なのだが、最新のポストはFlashで表示された時があった。僕は個人的にあのスタイルも嫌いではなかった。

HBaseCon 2012 | Growing Your Inbox, HBase at Tumblr

考えてみれば、サクサク次のポストが、PageDownで次々に見られる方が、ネットサーフィン的に面白いサイトなどを探している場合も便利だ。Facebookだって同様で、他サイトへ離脱されるより、どんどんページビューを稼いでくれた方がサイトの管理者としても嬉しいはずだ。そんな意味でもTumblrの今のシステムのスタイルは、一度に多くの画像を見ることができる点から有効だと思います。

Tumblrを支えているHBaseCon 2012

Tumblrが多くのページビューを稼いでいる裏には、それを支えるテクノロジーがあります。しかし、テクノロジーもサイトへの思惑から外れてはいけません。つまり、サイトを企画する側の移行をどこまで反映できるかが、テクノロジーを担当する側の役割です。しかし、その企画側の移行を全てテクノロジーを担当する側が実行できるわけではあありません。ここで多く記載されているApacheを構成するテクノロジー側の努力を我々は軽視しがちですが、facebookともども裏方の努力をする必要があるかも知れません。

Tumblrの経験開発 Motherboyは、HBaseを中心に構築され、最終的には一貫性のある受信ボックススタイルのストレージシステムについて詳しく説明してます。 SLAは、並行処理を記述し、このアプリケーション用のデータ·ボリューム、および故障モードは、ソリューションの開発に多くの課題を制作してます。ユーザーホーミング方式では、我々は、可用性とコストのトレードオフをしようとしたキャパシティ·プランニングがトリッキーなさ追加の複雑さを導入しました。私たちのワークロード、およびそのテストをサポートする自動化のパフォーマンステストは貴重なレッスンの数を提供しているようです。それらのアプリケーションのためのHBaseを検討している人々に有益なものとなりますが、同様に現在のHBaseの利用者にとって有用であるために十分な詳細を持つことになります。とこのスライダーで説明してます。

Real-Time Your Hadoop

Related posts