Phablet(ファブレット)というタブレットでもない新し時代のモバイルライフとは?


Techcrunchのレポート名ネットワーク化社会の過去現在未来: 必見の短編ビデオが昨年11月に更新された。ちょっと古い情報になるがとても素晴らしい短編ビデオの紹介だった。

このビデオの制作者はERICSSON。このERICSSONのYouTubeのチャンネルERICSSON CHANNELはとても面白い。これからの僕らのモバイルライフが見えるようだ。また、ERICSSON CHANNELのYouTubeチャンネルのデザインがとてもCOOLな感じがした。そして、僕はこのERICSSONという企業に興味を持った。当然、FacebookページもLIKEDになっている。

Pill tablet
そこで、今回のレポートのテーマは、Good things come in threes – like the smartphone, the tablet and the phabletの記事を参考にしてみた。

スマートフォンは当たり前としてもタブレットかPhablet(ファブレット)という選択。

7インチiPad Miniがもうじき販売されるようだ。Android搭載ディバイスでは5インチのスマートフォンや日本でもドコモがiPad対抗で7インチの新型Androidタブレットを国産モデル、海外モデルとも多く発売している。新しいデバイスは、スマートフォン、タブレットに留まらず、スマートフォンより大きく、タブレットより小さいタブレットとなっていくようだ。それがPhablet(ファブレット)という総称になっているようだ。

ここで僕は、新しいPhablet(ファブレット)のマーケットに関してではなく、Good things come in threes – like the smartphone, the tablet and the phabletのレポートについて書いてみたい。

tablet user

タブレットかPhablet(ファブレット)というハイブリトディバイスの必要性?

タブレットとphablet(それはスマートフォンよりも大きいですが、タブレットよりも小さい)と呼ばれる2つのハイブリッドは、21世紀の企業の労働者にとても必要になるディアバイスであることをERICSSONは伝えている。3つのオペレーティングシステム(OS)、GoogleのAndroid5、アップルのiOS6およびWindows8により、どこでもそれらを利用できる3つのネットワークインタフェースはWi-Fi、3Gおよび4Gとなる。そして、3Gを除いたこの2つのネットワークインターフェイスのインフラ整備が問題になる。これは、国と通信キャリアの問題だ。

利用用途によれば、タブレットかPhablet(ファブレット)となる。国内ではWifiは何とか利用できるが、3Gでこれらのディバイスを利用するにはストレスが生じる。僕は3Gと現在のモバイルアプリは最適化されていないと感じている。また最近、iPhone5のテザリングが話題になっているが、所詮3Gなのである。屋内の利用や約空港ではWifiを利用できるが、3Gはどこでも使えるものでない。というのも4Gのインフラ整備もまだ整っていない日本の現状ではそれらをストレスなく利用できるのはwifi環境のみとなる。

ERICSSONの言って言っているとても重要なこと

重要なのは、アプリケーションが各デバイスタイプ用に最適化されていたということです。しかし、今日、デバイスとアプリケーションの間の境界はほとんど排除されていますね。新しいOSは画面サイズとデバイスのさまざまなカテゴリを全体で統合されたエクスペリエンスが必要です。また、僕の仕事では、PC用のwebサイトをスマートフォンやタブレットに対応させるためにHTML5やフレキシブルにデバイスに対応させるための様々な技術を駆使しなければならない。またそれらの余計なことをするとSEO的に問題が生じることです。当然次々に開発されるべき技術なのですがね。

Tablet

新し時代のモバイルライフとは?

Facebookの利用者が日本でも拡大されました。アクティブユーザーが日本の人口の10%となりました。また、Facebookの利用者の50%以上がモバイルユーザーになったことも小さな時代の変化です。

しかし、常にそれらのディバイスに最適化されたインターフェイスやインフラの最適化とともにユーザーの最適化も必要になります。電波の人体に影響する害の研究はさておいて、ソーシャルメディアを利用するユーザーの最適化も大切になります。つまり、世界に繋がるメディアをどこでもこの3つのディアバイスとPCを加えて利用するための意識の向上ができるのか?という問題。さらに悪辣な人たちの悪辣な利用についてもそのセキュリティ対策は必要になります。この3つのディバイスで僕は世界が平和になるためのツールになることを僕は期待するのです。そして、情報の質や日本人の世界に対する意識の工場も期待したいのです。

Facebookでは朝の挨拶はとても楽しい毎日の日課です。しかし、せっかく世界に繋がているのメディアなのです。そして、日本では現在大きな問題を沢山抱えています。今日本人のアイディンティティも問われる時です。多くのコトについて、多くの意見や情報を交わせる時代なのです。

Related posts