Facebookページ管理者が知っておくべきデーター。


emarketer.comの調査レーポートを読んだ。正直「こんなものか?」と感じた。

wildfire

成功した上位10%の効果を発揮したブランドキャンペーン
GoogleのソーシャルメディアマーケティングカンパニーのWildfire社の調査結果が実に面白かった。
2012年6月調査では、より積極的なソーシャルメディアのユーザーがブランドの擁護者とブランドのFacebookページ上で共有者が、与えた影響を分析した。Wildfire社は10,000のFacebookキャンペーンを分析し、それらが成功した原動力になった約700の異なるブランドからの上位10%の効果を発揮したキャンペーンを見出した。

How Heavy Sharers Boost Facebook Pages

平均的なFacebookのページでは、ファンのわずか1.5%がブランドの支持者だ。
平均的なブランドのページと比較して最も効果的なブランドのページに参加している”共有者”とみなされ、ファンの高い割合を持っている。それらのネットワークにキャンペーンを指摘し、共有とするのに十分な影響力を持っていた “ブランドの支持者”より多くの自社のネットワークに影響を与える。平均的なFacebookのブランドページでは、ファンの83%はちょうどそれについてのコメントを広げることなく、キャンペーンに参加し、 “ジョイナ”と見なされた。 34.3パーセントは、共有者だった。4.7パーセントは、ブランドの支持者であった​​間に最高性能のページについては、ファンの唯一の61%が、ジョイナであった。平均的なFacebookのページでは、ファンのわずか1.5%がブランドの支持者だった。

LIKE(いいね!)を数もらっても直接的効果に繋がらない!
この調査でわかったことは、LIKE(いいね!)を数もらってもキャンペーンの内容が優れていないとビジネス効果は得られないということだ。つまり、コンテンツの質、キャンペーンの面白さにFacebookページ管理者はフォーカスしなければならない。コメントやシェアが多くなるための仕掛けを考えなければいけいということだ。

ブランドはファンの成長とエンゲージメントを高めることができます。その一つの方法は、彼らの擁護者とスーパーファンを見つけて、実際に彼らはブランドページに係合し得るかを決定することです。その研究では、ワイルドファイアは、企業がその目標を達成するための明確なコール·トゥ·アクション、ポスト画像やレバレッジ複数のソーシャルプラットフォームの順序で使用して、同時に複数のエンゲージメントアプリケーションを実行することを奨励します。

Related posts