TOPソーシャルメディアはYouTube。Facebook,Twitterの国内状況と国別利用度は?


6月29日に発表された「インターネット白書2012」(監修:財団法人インターネット協会、発行:株式会社インプレスジャパン)では、ネットユーザーの半数がYouTubeを利用、Yahoo!知恵袋は4割弱事がわかったようだ。そして気になるのがFacebookと最近デモなど活用されている再度の盛り上がりをみせるTWitterだ。

tag 2.0 youtube

YouTubeは最高のソーシャルメディアだ!

YouTubeをソーシャルメディアと理解している人は少なくないかも知れない。Googleの買収策の最高の収穫であり、「Googleが独自で開発するソーシャルメディアやSNSの連続的失敗をYouTubeが支えているのではないか?」と思えるほどだ。そして、そのYouTube自体がかなり改善されている。日本のネットユーザーの半数がYouTubeを利用しているのも理解できる。

Google+ iphone Google + 2

失敗作Google+だけど?

最近、iPhoneでGoogle+を覗いてみるとHTML5がかなり機能している。見ているだけはFacebookより、遥かにインターファースは面白い。問題はユーザーのタイプが異なるようにも思える。どちらかと言うとネット歴の浅いユーザーが多いいのがFacebookででGoogle+の方がネットオタク気味のユーザーが多いように思える。(個人的な感想)

socialbakers.com

Facebook,Twitterの国内状況は?

ネットでは何かを調べるとユーザーとショッピンを目的にしているユーザーの2元化しているように思えるのが以下の調査結果だ。しかし、TwitterやFacebookは、何かを調べるというより時間消費をするための目的の一つのように思える。情報を取得する手法が変わったのであろう?Facebookの利用率は24.5%、1年で3倍に増加している。そして、Twitterは20代のユーザーが31.1%と突出しているようだ。
詳しい数字は、Facebookの利用率は24.5%、1年で3倍に増加、2ちゃんねるを超えるを確認してください。

「Yahoo!知恵袋」(38.6%)、「ウィキペディア」(35.8%)、「価格.comの『レビュー』や『クチコミ』」(33.6%)、「ニコニコ動画」(26.8%)、「Twitter」(26.3%)、「mxi」(26.1%)、「Facebook」(24.5%)、「クックパッド」(21.5%)、「2ちゃんねる」(20.9%)、「教えて!goo」(20.4%)、「食べログ」(19.2%)など。
Twitterは昨年の15.5%から大幅に増加。Facebookに至っては、8.3%からじつに3倍に増加した。

facebookの国別利用状況を調べてみた

socialbakersのFacebook Statistics by Countryで国別の利用状況を調べてみた。日本はどうやらFacebook後進国のようで21位となっている。以下はトップ5である。日本よりネット後進国なのにFacebook利用者は多いのが目立つ。多分、日本語という複雑な言語の問題なのかも知れない。
1. United States
2. Brazil
3. India
4. Indonesia
5. Mexico

ソーシャルメディアとSNSの最近

様々なサービスが次々に発表されているこの世界でもYouTubeやfacebookを超えるようなサービスは見当たらない。しかし、様々なサービスを使い分ける方がストレスを感じることなく生活に活かせる利用法が見つかるのではないだろうか?しかし、以前のmixiのような足跡機能を利用した望ましくないアフリエイターやノウハウのない情報ビジネスやセミナーなどのビジネスユーザーが場を荒らしているのも事実だろう?

そんなかでも個人的にはPathやPinterestの今後を期待したい。

Related posts