忙しいビジネスマンにFacebookよりLinkedinの方が格段に優れている理由のまとめ!


Facebook人気の中で、SNSの繋がりという力の凄さを感じている人は少なくないだろう?しかし、それで本当にビジネスで大きな成果が多くの人が得られているのだろうか??マイクロソフト社でも最近始まったSOCLというSNSを覗いてみたが、SNSの最大の問題はそこに集まる人々の価値観が自分とどのように共有できるのかという点にフォーカスされる。そこで、ビジネスマンにとっては、ビジネスに特化したSNSであるLinkedinを僕はオススメする。そしてその理由をまとめてみた。

SOCL マイクロソフトのSNS

ビジネスマンにFacebookよりLinkedinの方が格段に優れている理由

この理由付けは、あくまでの忙しいビジネスマンに向けたもので、僕がLinkedを活用している理由となります。また、Facebookで顧客とのコミュニケーションをしたり、飲食店などのスモールビジネスやローカルビジネスを行なっている方には該当しないかも知れません。
    1,Linkedinはビジネスに特化しているので、面倒な日常の繋がりが必要ない。
   2,LinkedinのLinkedin Todayを見れば、大体の世界のニュースがわかる。
   3,Facebookを利用していてもリクルートに役立たない。
   4,欲しい情報を得るには、Facebookでは、時間とが無駄になる。
   5,Linkedinでは、ビジネス情報が得られる。直接ビジネスに役立つ。

Linkedin

1,Linkedinはビジネスに特化しているので、面倒な日常の繋がりが必要ない。
Facebookだと友達が、どんな考え方をしていて、どんなビジネスをしているのかが、分かりづらい。その点、Linkedinでは、会社をハイスピードで発展させるための人脈作りが可能だ。
会社をハイスピードで発展させよう»

2,LinkedinのToday Nowsを見れば、大体の世界のニュースがわかる。
日本語を使っていなので、日本語版は分かりまえんが、各ジャンルのトップリンクが、Linkedin Todayで見ることが出来る。最新情報などで、とても役に立つ。時間がなくても気になるニュースやトレンドもチェック出来るのは嬉しい。

3,Facebookを利用していてもリクルートに役立たない。
僕のオフィースに入社するには、「facebookやってます」では、なんの評価も得られない。「Linkedinをやってます」といえば評価は上がる。そんあことよりもスペシャリストの人材をLinkedinで探すことが出来る。また、その逆にリクルートに活用することも出来る。Linkedinは就活に活用できるが、婚活にはFacebookをお薦めする。
就活生のLinkedIn活用術»

4,欲しい情報を得るには、Facebookでは、時間が無駄になる。
Facebookを活用するには、ビジネスでは重要な「時間」というファクターを消費することになる。意外とこの障害はでかい。もちろん、電車の待ち時間などで、スマフォを活用して、Facebookを利用できるだが、そんな時間があれば、次のビジネスの準備やLinkedinの繋がりからモチベーションを得たほうが役立。

5,Linkedinでは、ビジネス情報が得られる。直接ビジネスに役立つ。
ビジネス・ビジネスと連呼しているようだが、ビジネスを成功させなければ、僕は幸せを感じることはできない。ここで、若手・中堅のLinkedIn活用術などをlinked Naviで紹介しているので参考にして欲しい。

LinkedIn活用術»

後記
久々の更新となった。Facebookでは、スケールの大きいビジネスの話ができない。どうしても詐欺師のようなFacebookコンサルタントのような輩が目に入る。この間、Facebookの社員とチャットしたのだが、Facebookの目指すビジネス利用は、もっと違った形になっている。その辺も考慮したアルゴリズム反映されていくのではないだろうか?戦略的にfacebookを活用するのみいいが、それは、ページだけの作業となり。個人のユーザーがそこにまじると衆院は不快感を感じるのだろう。また、大切なことは、Facebookから集客を望むならベネフィットを得るべきサイトやブログの充実が必要であるではないか?目先ばかりマクロな視点が持てない経営者は危険だ。

Related posts