Facebook広告効果は、Google AdWordsに勝てるのか?


アメリカ最大の自動車メーカーGMがFacebook広告出稿を中止

様々なメディアでFacebookのロゴを見ることが出来ます。そして、本日Linkedinでは、Facebookに関するレポートがトップアクセスに3つも載ってました。そして、僕が注目したのが”GM Says Facebook Ads Don’t Pay Off“のレポートです。アメリカ最大の自動車メーカーGMがFacebook広告出稿を中止したという内容です。多くのサイトでも紹介されていました。記事を読んでみるとFacebookページへの誘導を広告を使わずfacebookページは残すようです。
「GM社、フェイスブック広告撤退」の実態(やってはいけない事例)

Encontro @ GM Opala

Fqacebook広告 vs Google AdWords

僕自身は、それほどFacebook広告を嫌いではありません。時々クリックをすることがあります。ローカルビジネスとして、クライアントの広告も掲載しました。Google AdWordsに負けないぐらい効果的なWEB広告ツールだと思います。しかし、Facebook広告は、ビジネス活用にはまだ不十分ではないでしょうか?その辺の理由を記載してみます。

  1. AdWordsの方が広告効果は高い!
  2. ローカルの狭いエリアではfacebookの方が小額で効果が得られる。
  3. AdWordsの方が経費は掛かる。
  4. Facebookの方が飲食店などには強い。

1、Facebookの利用目的は、交流や情報収集となるが、検索は、必要と狭まれて情報を検索する。よってGoogle AdWordsの方が広告効果の実益はある。つまり、集客に直結する。

2、ローカルビジネスなどでは、小額でFacebook広告の方が効果は得られる。しかし、その効果はそれほど大きいではない。

3、キーワードによるがAdWordsの方が経費は掛かる。しかし、売上げに直結するので、得られる効果も高い。

4、飲食店などは、視覚に訴えられるのでfacebookの方が効果が高い。イベントと絡ませると更に効果的である。

僕の利用経験からは、遥かにAdWordsの方が効果的だ。しかし、どちらもキーワード設定と短いコピーライトの駆使しなければならない。ビジネスのサイズによっても効果が異なるので、専門家にたずれることをおススメする。

Advertising vs PR

Fqacebook広告の適した目的

facebookは顧客とのコミュニケーションするツールとして活用するべきではないか?よってブランディングを構築に適しているが、直接集客や販売に繋がらない可能性が高い。「いいね!」を多く獲得するには、低額の広告料で宣伝を行うことは出来る。しかし、AdWordsのような動員力はない。それは、媒体の性質による。物を買ったり、何かを調べるときにfacebookを利用するより、検索利用する方が便利であるからだ。認知度の低い新商品やサービスなどを潜在顧客に知ってもらうには、Facebook広告の利用価値はある。

LinkedInについてはLinkedIn活用術をご覧ください。ビジネスに特化したSNS。

Related posts