Facebookをやっている社長さん、ちょっと勘違いしていませんか?


Facebookをやっている社長さん、ちょっと勘違い

僕は多くのFacebookに関するビジネスの成功例と失敗瀬を見てきた。「Facebookを始めるとビジネスに効果がでるとどこから聞いたのか?知らないが」、それは、先物投資の勧誘の電話に騙された社長さんのようなものだ。Facebookは人と人を結ぶソーシャル・ネッワーク・サービスだ。自分の商品ばかりアピールしたり、やたら女性のポストに「いいね!」をしてもかえってビジネスには逆高価なことが多い。僕がおススメするのは、専門的なコンテンツをポストして、自己のビジネスへの情熱を訴える方が良い。それも出来るだけマニアックにね!

丸星ラーメン

ゲームアプリを送ってはダメ。
あなたは、看板を付けた車を顧客の前で運転しているのと同じです。あなたの行く店ややっていることをすべてが、あなたのビジネスに繁栄されます。よくも悪くも・・・!

AKB48のファンののようにになってはいけない!
どんなに素敵な女性のポストでも「きれい!」とか?キャバクラに言っている感じで、女性のポストにコメントをしては行けない。あなたの女性のお友達はそれを見ていますよ!

Facebookをビジネス目的で利用しないのならそれは問題ありません。

最近のFacebookビジネスに関するWEB DREAMのレポート

新Facebookクーポンでスモールビジネスには、更なる威力になるのか?
Facebookビジネスの終焉!
Facebookではモノは売れない!売れるのは・・・?
Facebookビジネス成功への道しるべ!

facebook creator

Facebookでビジネスになるコンテンツ

Facebookが来てる! ソーシャルがビジネスに使えると聞いて失敗するポイント、このレポートに僕がクラアントにいつも言っていること同様のことが記載されている。Facebookでビジネス効果を得るのには、ROIを稼げるブログやサイトの充実がいる。僕にラーメン屋さんがWEBサイト制作を依頼してきても僕は断る。そんな無駄なお金を使うよりも、ラーメンのスープづくりに励むか?顧客に癒しを与える「ウエルカム」をマスターした方が良い。と同時にサイトの特性、Facebookの特性が自分のビジネスに適合するのかを考える必要がある。

訳の分からないFacebook勉強会に大枚投じるより、自社のビジネスモデルをもう一度練り上げるほうがずっと賢明で有意義です。いくらFacebookやったところで田舎の駅前洋品店には客は来ないし(失礼!)、特に技術的に目立つところがない町工場にバンバン仕事が来るようにもならないと思います。まずいラーメン屋にも、店員の態度が悪いカフェにも客は来ません。それどころか、余計に来なくなる危険性もあります。

Facebook Model

外からは見ることの出来ないビジネスの物語

まず、差別化されたビジネス。ニッチなビジネス効果的だ。そして、そのノウハウを持っていなければならない。例えば、秘伝のスープの作り方を公表するのも良い。中途半端に公開してもそんな簡単にマネが出来るものであれば問題だが、こだわりのスープであれば、多少のレシピなどを公開するべきだ。また。料理店ならまかない料理などをアップするべきだ。つまり、外からは見ることの出来ないビジネスの物語を見せることができれば、Facebookビジネス活用は成功だといれるだろう。ユーザに感動を与えることがビジネスだと考えよう!そうすれば、自ずとブランディングが確立する。

Related posts

One thought on “Facebookをやっている社長さん、ちょっと勘違いしていませんか?

  1. […] いい加減に扱ってはいけない! Facebookをやっている社長さん、ちょっと勘違いしていませんか? Facebookをやっている社長さん、ちょっと勘違い 外からは見ることの出来ないビジネスの […]