Pinterest vs Tumblr 「あなたはどちらを好みますか?」


Pinterest(ピンタレスト)は、Tumblrを抜き去りGoogle+をうっちゃった!というレーポートを以前書いた。今ソーシャル・ネットワーク・サービスは、キュレーション時代と言われているのを証明するかのように人気がPinterestに集中している。

pinterest.com

最近、僕のFacebookでもPinterestからのシェアを時々見かける。そして、同じくキュレーションを主体としたブログサービスのTumblrを僕は愛用している。そして、この二つのサービスをちょっと比較してみた。

Pinterestの使いやすいところ、使いにくいところ

PinterestもTwumblrも他人のポストを自分のコレクションにするという点では、自分のピンボードが持てるPinterestの方が、ちょっとおしゃれな感じがする。もちろん、ピンする画像なコンテンツにもよるが、以前のPostPostのような魅力的なニュースペーパーぽいデザインだ。

Pinterestの使いやすいところ
  1、デザインがいい感じ
  2、ピンをiPhoneのアプリからでも簡単にできる。
  3、フォローするためのポストをTumblrに比べて利用しやすい。
  4、カテゴリーによって自分のボードが簡単に追加出来る。

Pinterestの使いにくいところ
  1、オリジナルな自分らしいテーマを利用出来ない。
  2、登録してから利用までに時間が掛かりすぎる。
  3、大きなスクリーンで見ないとPinterestが理解出来ない。

postpost

上の画像はPostPostだが、今はTwitterのアカウントでした利用出来ないのが残念だ。

Tumblrの使いやすいところ、使いにくいところ

僕自身Tumblrが使い慣れている点や一日の利用頻度から二つのサービスのどちらかを選ぶとなるとTumblrになる。

Tumblrの使いやすいところ
  1、個性あるブログテーマで、自分な好きな画像をキュレーション出来る。
  2、facebookより滞在時間がかなり少なくても多くのポストを見ることが出来る。
  3、すべてに使いやすい。

Tumblrの使いにくいところ
  1、Pinterestほど一度に多くの画像を見ることが出来ない。
  2、エ@サイト系の人が多い。(好みによる)
  3、好みのポストを見付けにくい。

http://pinterest.com/source/hairstyleshaircutideas.blogspot.com/

ヘアースタイルを集めたpinterest

両方のいいとこ取りをして使う!

僕のフォロー関係によるのだが、Pinterestの方が上品な画像が多いいような気がする。つまり、明るく、健康ソーシャル・ネットワーク的な感じがして、Tumblrの方が、ユーザーのパーソナリティが表現されているような気がする。マニアックなユーザーが目立つ。その辺からPinterestの方がユーザーの獲得はまだまだ可能性があるのだろうが、僕としてはTumblrの方が楽しい。どちらも自分の個性で自分の価値観の価値付けは出来る。

Related posts