モバイルの未来 THE FUTURE OF MOBILEのまとめ


IGNITION WEST社のモバイルの現在の動向のレポートを読んでみた。スマートフォンやタブレットなどのプラットフォーム戦争、どのように消費者が実際にデバイスを使用しているのか?そしてその先はどうなっているのか?興味を引かれた。

iPhone 4sとMac book Airをモバイルとして漁している僕は、このiPhoneというスマートフォンの使いよさとApple社の感性を好んでこれらを利用している。Facebook,Skype,Linkedin,Tumblr,Google+,Google Map,iTunesが特に活用している。又、今では、中国語なまりのSireも明日の天気やアドレス帳などソファーに根っ転がりながら使うときに、まるで僕のメイドのように僕の生活に豊かさを感じ瀬さてくれる。CMでは、ドコモのスマフォもしゃべるようになったらしいけど、会話のセンスがドコモって感じらしい。

connected-devices-growth

資料:THE FUTURE OF MOBILE [SLIDE DECK]

THE FUTURE OF MOBILE モバイルの未来

以下のグラフから見るとオレンジの部分がタブレットであり、ブルーがスマートフォンの消費曲線の予測となる。矢印で示されているところが、現在のポジションとなるようだ。やはり、iPadなどは、対面した複数の人間の間で見ることが出来たり、スマフォよりスクリーンが遥かにワイドで、ラップトップ(Book型でバイス)の限られた姿勢での使用スタイルではなく、自由なスタイルでタブレット型は使いやすい。

茶色の部分が通常のコンピュータの伸び率を示すのだが、これはビジネスや専門的な利用などで、成長曲線は緩やかではあるが成長をするようです。考えてみれば、スマフォもBook airもデスクトップなりラップトップのディバスが無ければ、活用範囲も狭まれる。

slide-81

スマートフォンと携帯電話の比較

アメリカでは、スマフォと携帯の比率がほぼ50%となったらしい。又固定電話は、どうなっているのだろう?

これは、アメリカのデータだが、固定電話も終焉を迎えているようだ。そして、フュチャーフォンとは、タブレットを示してるのであろうか?

slide-191

iOSとAndroidの売上げの差

出荷台数は、遥かにAndroid搭載スマフォはリードしていはずなのだが、このグラフで見るには、遥かにiOsとなる。iPhone人気からApple製品の人気は高い。winからMacに乗り換えるユーザーを止めることは出来ないようだ。それは、僕自身、たまにWinマシンを利用するのかなりのストレスを感じるは、自然なことなのだろう?
iOSがAndroidに勝る点5つ!自由があることは利点?欠点?
AndroidとiOSでモバイル広告トラフィックの91%を占める。Kindle Fireはタブレット全体の33%
Appleのマルチタッチ特許が無効と判断、AndroidやWindows Phoneへの甚大な影響は回避か

モバイル

モバイルの成長度

時代はモバイルに奈留は当然のことだろう?しかし、インフラの問題は大きい。システムやディバイスの能力が拡大して、インフラの完備が遅れてはどうにもならない。都心では、それほどのストレスは感じなくても地方への移動時にその大きなストレスを感じることになるのが現在の状況ではないか?Wifeで活用する分には問題の無いモバイルも3Gとなってしまうと極端にストレスを感じるのが、今のモバイル状況だろう?

モバイルの未来についての結論

すべてが、世の中の人の求める「便利」というキーワードによる成長の流れとなる。これからある程度機能がそろったタブレットが、次にどんな機能を追加するのだろう?スマフォの時代をリードするiPhoneは、iPhone5にどんな機能をバージョンアップしてくるかが楽しみである。また、タブレットであっても耳に掛けなくても会話の出来る電話機能が標準になるのであろう?当然、スマートフォンと同じ電話番語にならなければならない。いや、もしかするとSkypやGoogle Phoneのようにネット回線を利用した通話料無料の世界が近いのではないのか?とも思う。海外と無料でSkypeでビデオフォンを使っていると、その他のコミニケーションツールを使うのでは、経済的にも大きく開きがあるは事実だ。

Related posts