ソーシャルメディアの情報を収集して整理する。他人が集めた情報に自分で価値付けする時代。


日本では、はてなやFacebookやTwitterの情報をまとめて、新聞を発行するサービスPaper.liが昨年あたりから目につく。自分の欲しいソーシャルメディア情報をまとめてくれるサービスがある。海外のサイトでは、僕はDeliciouを活用する。

Deliciouで他人が集めた情報に自分で価値付けする。

他人が集めてまとめた情報を自分で整理する。それには、Deliciouが今一番使い安いと僕は思う。Tumblrのようなキュレーションというほどではないが、自分の求めている情報を集めてくれている人がいる。それを見付けて、ストックする。もちろん、はてなのように「後で見る」こともできる。

ここにSocial media policy for schoolsという、ソーシャルメディアポリシーのアドバイスや学校の方針文書の例を含む学校のためのガイドラインを提供するためのDeliciouのページがある。僕はこれをフォローしている。これらのリンクは、情報学、チャールズ·スタート大学の情報専門科目のINF206/INF506ソーシャルネットワーキングに在籍してCSUの学生が推奨されているそうだ。僕も学生になった気分で、ソーシャルネットワークを学ぶことが出来る。つまり、経験も浅いFacebookユーザーが開催するFacebookセミナーより遥かに価値がある情報や考え方を知ることが出来る。

Social media policy for schools

もちろん、このDelicious.coでは、かなりお宅がストックを持っている。
音楽、アート、映画、エンターメント、テクノロジーとカテゴリも十分だ。

delicious.com/stacks/

Paper.liだって、十分欲しい情報をストック出来る。

NPやTVなどの情報に信頼が出来ない人。面白みを感じない人は、TwitterやFacebookを使っていても十分に自分の求めている情報が手に入る訳ではない。いくらオーソリティーのページに「いいね!」をしても常にタイムラインを追いかけているわけにはいかない。そこで、日本語の情報を得るならやっぱりPaper.liが「いいね!」といいたい!

http://paper.li/

Paper.li

どう、不要な情報を捨てるか?そこがポイントとなる時代だ!

他人が集めた情報や、アプリが集めた情報を見ていれば、忙しくても価値ある情報を見逃すことはない。もちろん、その価値は人それぞれだ。しかし、時代は、キュレーションの時代。自分で価値ある情報を整理して、上手に不要な情報をゴミ箱に捨てて行かなければ、いくら鮮度の高い質の高い情報でも何の役にも立たない。忙しい毎日で価値ある城を自分の仕事や生活に役立てるには、不要な情報を捨て、価値ある情報をスピーディに見付けることだ。

Related posts

One thought on “ソーシャルメディアの情報を収集して整理する。他人が集めた情報に自分で価値付けする時代。

  1. […] Pinterest(ピンタレスト)は、Tumblrを抜き去りGoogle+をうっちゃった!というレーポートを以前書いた。今ソーシャル・ネットワーク・サービスは、キュレーション時代と言われているのを証明するかのように人気がPinterestに集中している。 […]