ソーシャルデザインの三つの要素は、Facebook Graph APIから始まる。


Facebookでは開発者向けにGraph APIを提供し始めました。それは、Facebookのユーザーでもブログのオーナーであれば、概要は理解しておくべきでしょう。開発者でなくても知っときたいソーシャルデザインについて、この開発者向けのページでは、紹介しています。ソーシャルデザインは、3つのコアでのソーシャル経験のプロダクトデザインを考えるの方法です。 Facebookのプラットフォーム上で利用可能な機能を構築します。

Graph APIの解説

Facebookの中核をなすのはソーシャルグラフで、人々や人々が周りの物事に対して持つ繋がりを指します。このAPIは以下の3点を提供します。
シンプルで一貫性のあるソーシャルグラフの見方
統一されたフォーマットのobject(人物、写真、イベント、ページ)
それらの間のconnection(交友関係、like、写真タグ)

Facebook開発者向けドキュメントの日本語訳とTips

attachment

アイデンティティ、会話、コミュニティ

ソーシャルデザインは、我々は自分自身とお互いを理解し、3つの中核要素に分解することができる方法を定義します。そして、それは、上で解説されているGraph APIを利用出来ます。

  1. コミュニティは信頼出来る情報のもとに意思決定を支援する人々を指します。
  2. 会話は、私たちが地域社会で持っている様々な相互作用を指します。
  3. アイデンティティは、自己の我々自身の感覚を意味します。

とても難しい話ですが、要するに、アイデンティティをクリエートする。会話を促進する。コミニティを形成するという3点をデザインすると言うことです。

Facebook_Timeline

ユーザーの視点で、この3要素を考える。

僕が一番、Facebookの価値ある機能は、タイムラインだと思います。つまり、自己のアイデンティティをクリエートには。このタイムラインが自分のアルバムとしての人生の記録になるということです。次に会話を促進することです。海外の友達とも距離が近くなり、自分の世界が広がります。もちろん、知らなかった近くで暮らす素敵な人との出会いや過去の友達とも出会えます。そして、コミュニティは。現実の社会では、失われた枠組みを再構築してくれます。

つまり、facebookのソーシャルデザインは、新しい社会を構築しているのです。

米Facebookは1月24日(現地時間)、新しいユーザープロフィール「タイムライン」を向こう数週間中に全ユーザーに適用すると発表した。

Related posts