Facebookは、あなたの人生の足跡を残す!「ネット上で最も恐怖感を感じさせるアプリ」


Facebookのプロフィールにタイムライン機能が昨年設置された。これは、近年のSNSで最高の機能だと僕は思う。何故ならば、Facebookに自分の足跡をしっかりと残せるからだ。僕の年齢になると時々「死」を考えることがある。同級生も何人も死んでいる。別に今僕がこのブログを更新する途中でこの世を去っても何の不思議もない。同様にあなたもこのブログを読んでいる途中に・・・なんてこともあり得る話だ。

die

Facebookの凄さは、タイムラインにある

自分の誕生の写真や子供の成長、家族の変化、自分の記録をFacebookに残すことが出来る。GPS機能で撮影した場所や時間も記録出来る。ネット上に自分がこの世に存在したことを示すことが出来る。そして、そんなタイムラインにすぎアプリが登場した。まさに、Facebookのタイムラインは、ネット以上でもっとも自分の人生を刻むアルバムとなる。そして、、、、、

if I die

自分の死後にポスとしてくれるアプリ

ビデオやテキストメッセージを残しておいて、自分の死後に投稿することができるアプリが登場した。人生で誰もに訪れる死に対して、予約投稿をしてくれるというアプリだ。実際僕は、怖くて使えない。だから説明も出来ないので、以下の引用を参考にして欲しい。
死後にFacebookへ自動投稿してくれるアプリ»

『Facebook』アプリの『If i die』を使うと、ビデオやテキストメッセージを残しておいて、自分の死後に投稿することができる。メッセージは一度に公開できるほか、子どもの誕生日に毎年お祝いの言葉をよせるなど、予定を立てて段階的に公開していくこともできる。家族や親しい友人、事前に頼まれていた人など3人の人物が、あなたが死去したことに全員一致で同意すると、あなたの死が認証される。

以下のYouTubeを見て欲しい!「if i dae」となんどもナレーションされる。それだけで実に怖い感じがする。

ifidie.ne

Related posts