Googleがサヨナラを告げた7つのサービスとその理由。


Googleはサービスの幅を簡素化するために7つのプロダクトを中止することを発表しました。Google Waveは完全にここで終演を迎えます。とても素晴らしいサービスであったのですが、TwitterやFacebookのような誰でもが楽しめるサービスに押されたのかも知れません。
Googleの思想である「リスクがあっても前に進む」。この考え方を知ったのは、Google Buzzのテイクオフの失敗でした。話題を攫ったその結果はお粗末でした。しかし、専門家は、戦略の新たなサービスにサインアップしてからユーザーをオフにすることになると言っています。

Google-Bookmarks

Googleは同社の公式ブログでの移動を発表しました。そしてGoogleの副社長以下のようにコメントしました。

我々は、我々は広範な製品への取り組みへの特徴として、他の統合、望んでいた影響を受けていない製品の数をシャットダウンするプロセスにいる。(省略)全体的に、私たちの目的は単純でより直感的な、真に美しいGoogleのユーザーエクスペリエンスを構築することです。

  • Google Wave
    電子メールとインスタントメッセージングを統合するサービス
  • Google Bookmarks List
    ユーザーが友人とブックマークを共有することが許可されているサービス
  • Google Friends Connect
    ウェブマスターコードのスニペットを埋め込むことによって、自分のサイトにソーシャル機能を追加する
  • Google Gears
    オフラインで作業するときに、Webブラウザの機能を維持する
  • Google Search Timelin
    歴史的なクエリの結果のグラフ
  • Knol
    ウィキペディアスタイルのプロジェクト、Webコンテンツを改善する
  • Renewable Energy Cheaper than Coal
    太陽光発電を改善する方法を見つけることを目的としたプロジェクト

 

Google+にパワーを集中するためか?

上記のサービスの名前すら知らなかったものも僕にもあります。また、このブログでも実際利用しているサービスもあります。僕が実際、Googleを神と崇拝している信者であってもGoogle BuzzやGoogle Waveのことを考慮するとFacebookのように前向きにGoogle+を利用するのに躊躇はしていました。また、Googleのこれらの廃止するサービスのエネルギーは、Google+に集中して注がれれば良いのですが・・・?Facebookは、こんなGoogleの細かいサービスの糸を一つの太い糸にして、ユーザーの心を惹きつけたのかも知れません。

しかし、現在は一部のパターのユーザーを除けば、反FacebookのユーザーがGoogle+を支えているようにも思えます。それは、アイコンに自分の写真を載せたくなかったり、Facebook敵「こんにちは!」的な友達関係をあまり必要もせず、サークルと言うなで気楽に友達関係を構築できる「気楽さ」にあるのかも知れません。

一部の専門家はGoogleがFacebookのライバルのGoogle+に集中するために合理化されていると思います。ネットワークは、そのウェブの歴史の中で最も急成長を遂げているソーシャルネットワーク作り、最初の16の民間打ち上げ後の日数、および最初の100日以内に4000万内で10万人のユーザーを獲得。しかし、エドワーズは、長期的にサービスをどのように成功することに懐疑的だった。それはプライバシー上の一部の醜い失言をコミットしない限り、現在の時点で離れてFacebookから群れを引き込む可能性がない”と彼は言った。”何かがFacebookに変位かもしれませんが、私はそれがGoogleの+である可能性がわからない、”と彼は付け加えた。

巨大企業Googleから生まれないヒットするソーシャルメディア

やはり、BBCのレポートにある専門家も僕と同意権です。僕は、このブログで、Googleという大企業がGooleにプラスをもたらす機能が内容にもおえます。何度もこのブログで書いているのですが、ソーシャルメディアYouTubeの大成功は、いくら頑張ってもFacebookには、それを抜き去るどころか、足元にも及びません。しかし、考えてみればYouTubeは、大企業GoogleのM&Aによる買収により産物なのです。Googleという組織にマーク・ザックバーガーのような異端児は育たないのではないでしょうか?

Google kills off seven more products including Wave»
Google公式ブログの該当記事(英文) »
 

Related posts