Facebook,Google+,Twitterの違いをもう一度考えてみた。


Facebookを始めた3年前は、まだ日本の友達は殆どいなかった。時々日本語の表示の出来ないPCで日本語化されたFBを見ているとFBのフィールドが滑稽にも見えた。最近では、日本人の友達の方が遥かに増えた。それは良い部分も悪い部分もある。実は、昨日こんなことがあったので、FBでポストしてみた。

変なアイコン(自分の顔でなく、人間の顔でもない)で、何度も友達申請するから承認したら、「申請ありがとう!」だって、そして、「Facebookの使い方教えます!」だって。そのあげくには、「5000人達成!」なんて、ポストされたので、友達削除しました。友達は数ではありません。質を落としてまで、量を増やす。そんな仕事も人生も僕は行ったことはありません。また、数合わせの駒にもなりたくありません。外国人となら気にならないけど、、、そんな田舎者の日本人はご免です!僕は信州の田舎にいますけどね!
FBがネット上のことだからと言って、人の繋がりを大切に出来ない人とは、無理して会話するつもりもありません。リアル社会もSNSの社会も何も変わりはありません!人と人が繋がることの意味を知ってください。

FB T.tのポスト

FACEBOOK! I just thought that I'd advertise the fact that I got a Facebook Fan Page!

ここで僕が考えたFacebook,Google+,Twitterの違いを僕なりに定義つけてみた。

Facebook,Google+,Twitterの違いは?

Linkedinが日本語化されて、僕は海外との繋がりに使っていたメディアが日本語化されるのには、実はあまり嬉しくない。と言うのは、上記の引用のように気分を害する時がある。僕も神ではにので、いつも笑っているわけにはいかない。そこで、Facebook,Google+,Twitterを全部同じ要素のソーシャルメディアだと思っている人もいるだろうが、僕の考えるこの3つのサービスの相違点を紹介したい。

facebook like button

Facebook、それは、人と人の繋がり。
FBの軸は、人間である。人を軸に構成されるサービスなのです。つまり、このブログでもお伝えしているFBの概念は、友達同士のSNSなのである。未来の友達も過去の友達との再会もある自分の人生のProfileなのです。
Facebook最低知っておきたいこと!ソーシャルデザインの概念

Google-Plus-

Google+それは、検索エンジンから生まれたサービスです。
検索エンジンはある設定されたアルゴリズムでサイトを評価します。SEOには、想定した人間のこころはセット出来ても、ロボットは人のこころを読めません。つまり、Google+とは、FBの人を軸に構成されていません。あくまでのGoogleの検索に付加されたサービスです。しかし、それはそれでFBとの明確な利用方法を設定出来れば楽しく使えます。

twitter logo

Twitterは、リアルタイムな情報で繋がります。
今世界のどこかで起こっている出来事。自分の近くで発生している出来事やイベントがつぶやかれます。その最大のファクターは、リアルタイムといことです。少ない言葉でお互いが分かり合えるのは難しいことです。しかし、ある出来ことを同じ空間で共有することが出来れば、それは素晴らしいことです。

上記は、僕の考える3つのサービスの概念です。別にこれの考え方を押し付けるものではありません。ですが、こんな感じでサービスを使い分ければ、3つのサービスを楽しく自分の生活やビジネスに生かすことが出来るのではないでしょうか?

Related posts

3 thoughts on “Facebook,Google+,Twitterの違いをもう一度考えてみた。

  1. […] Facebook,Google+,Twitterの違いをもう一度考えてみた。 関連のおすすめ記事Chrome10 vs Firefox and IE9のプライバシーについてPowered by Where did they go from here? Categories: Facebook […]

  2. […] Facebook,Google+,Twitterの違いをもう一度考えてみた。 | WEB DREAM Facebookは人、G+は検索アルゴリズム、Twitterは情報でそれぞれ繋がっているとの考えのようだ。で、Facebookが一番だと。 […]

  3. 小林勇

    興味深く読ませて頂いたけど、FacebookとTwitterについては、「どういうもの」だから、「どう使う」ってことが明確に書いてあるけど、Google+については随分と漠然とした記述だなあ。
    きっと、この記事を書かれた方もまだよく解っていないんだろうな。