iPhone5の話をしませんか?


日本では、auのiPhone販売の参画により、iPhone4Sと不完全なiOS5の話題でソーシャルメディアも話題を白熱している。実際、4と4Sの違いはカメラやCPUと話題のSiriとなるのだが、これはお遊びのようなものだ。iPhone4でも見られたタッチ部分の早い劣化の対応やバッテリー面の変更はない。つまり、重要な部分ではそれほど変更がないと言うことかもしれない。そこで、iPhone5の噂はどこに行ったのか気になっていた。そこで、見つけたレポートが、”10月14日終了週のためのiPhone5噂のロールアップ”と言う記事を読んだ。

Original iPhone + iPhone 3G + iPhone 4

おそらく、マイクロHDMI、取り外し可能なバッテリー、拡張可能な(そしておそらくリムーバブル)メモリとAdobe Flashのサポートなどと、より多くのメモリが追加されるだろう。内蔵誘導充電、バイオメトリックセキュリティなど導入される可能性が高かったPhone5はどこに行ったのだろうか?

このブログでは、生産上の問題で、今回iPhone5が発表されなかったようだ。サムスンで生産されたパーツをiPhoneは30%以上使用している。その辺の問題や日本の東北地方工場の問題まで取りざたされている。ここで、iPhone4Sを購入するか?iPhone5の発表を待つのかの判断には微妙なことろかも知れない。しかし、どちらにしてもiPhone事態の3〜4年も使える品物ではないと言うことは確かだ。

Related posts