facebookの素晴らしき7の理由。それはリクルートとブランディングに利用出来る。


リクルートにLinkedinよりFacebookの方が優れている7つの理由”というMashableの記事を読みました。しかし、僕はそうは思いませんでした。それは、アメリカでの利用と日本での利用の差を感じる結果となりました。もちろん、Erica Swallowは、このレポートで一般的なアメリカ人のSNNの利用法についてのことだったのでしょう?

Linkedin

  1. Facebookでは、雇用者は採用とキャリアの目的のためにビジネスページを設定することで戦略にリクルートができます。リクルーターは、ページ上で興味深い内容、コメント、ディスカッション、より個人的な相互作用につながる。
  2. アクションがどこにあるのか?それはFacebookがあります。 Facebookに非常にアクティブになっているのに対し、リクルーターは、少数の学生や、最近の卒業生が積極的に彼らのLinkedInのプロファイルを更新することを認識します。
  3. これは無料です。そのFacebookのような雇用者はそのような声、ビデオ、写真や就職活動などの高度な人材のコンテンツをアップロードできます。それらを可能にして、それはすべて無料です。ツールのこの広い範囲は、会社が魅力的な雇用主として自分自身をアピールすることができます。
  4. それは、大きなネットワークです。 Facebookが1億2,000万の会員のLinkedInのユーザーベースと比較して、世界中の800以上の万人のアクティブユーザーと、より多くの人を提供しています。
  5. よりオープンです。 Facebookはすべてのメンバーのために自由であるとはプレミアムアカウントが特定の機能を使用しないようにする必要があります。その結果、それは、LinkedInよりもオープンなネットワークです。
  6. Likeボタン。それはキャリアのウェブサイトの統合によりFacebookのフィードと同様にボタンは統合が容易です。
  7. それは、ブランディングのためのより良いです。リクルーターは、LinkedInやネットワーキング、スクリーニングやリクルーティングのための他のビジネスネットワークの傾向があると報告した。ただし、それは雇用主のブランディング活動と人材のコミュニケーションに活用されます。 特に学生、卒業生と初期のキャリアの専門家の多くはFacebookを好む。

そうです。Ericaの言う通りです。リクルートに向いていると言ってたLinkedinは、日本人がアメリカ企業にリクルート活動するのに都合がいいだけのことです。やっぱり、Facebookの機能や人気には、Linkedinは足下にも及びません。

Related posts