Twitterにおける巨大なグローバルなムードリングの調査


Twitterの巨大なグローバルなムードリングとは?
Twitter as a giant global mood ring
コーネル大学のScott GolderとMichael Macy調査は、84カ国240万人のTwitterのTweet(つぶやき)による。人々が気分によりどのようにソーシャルメディア、ソーシャルネットワークイングを利用するのかと言うことらしい。

Twitter_moods

Twitterをポジティブに利用している時間帯と曜日。また、その逆のネガティブに利用している時間帯と曜日である。早朝のしかも日曜日がもっとも気分よくTwitterを利用している人が多く、1週間を通りして、深夜には、もっもとネガティブにTwitterを利用している人が多いい。
また、週末がもっともポジティブに利用され、月曜日から火曜日にはその数値は低い。

この調査結果によると午前中にTwitterを利用するのがもっとも有効なことが分かる。ビジネスでTwitterを利用するユーザーは、特に午前中に粒やきを集中させるべきのか?

Related posts