改めて知るべきTwitterの力とFacebookの使い方!


5年間で​​Twitterは世界を制覇した。今、世界中で1億人を超えるアクティブユーザーは、自分の考えを共有するTwitterを利用するで今世界で何が起こっているかを知ることが出来る。その1億人のユーザ−のなかでアクティブユーザーの40%が今この瞬間もつぶやいている。
One hundred million voices

Twitter

頑張っているTwitter!

Twitterはヒンディー語を起動した後、フィリピン、マレー語、簡体字と数週間で繁体字中国語では、Twitterは17の異なる言語をサポートするようです。最近は、一部facebookの夢中な人やTwitterのつぶやきをFacebookに連動している人が目立つ。僕も一部同様なことをしている。
しかし、TwitterとFacebookでは、その使い道を区別するべきだとさえ思えた。それは、マイクロブログとSNSの違いを明確にすることがある。

Twitter、Facebook、mixiユーザーの特徴まとめ

NaverのTwitter、Facebook、mixiユーザーの特徴まとめを見てみると面白いことが分かるのだが、基本的なFacebookとTwitterを使い分けるとかなり情報収集能力が異なる。

本音で語るTwitterと実社会のパブリック的社交場Facebook、mixiは???

ます、お断りmixiを僕は語ることが出来ない。しかし、Twitter、Facebookには、3年間の利用経験がある。まず、TwitterとFacebookでの情報収集力の違いを分析してみた。

Twitterの力
Twitterのハッシュタグ(#)の力は凄い。Facebookなら友達同士や検索の範囲での広が入りはあるが、ハッシュタグでは、同じ問題を世界中の人たちとリアルタイムに話せる。そして、それらの情報を収集出来る。Twitterの歴史には多くのムーブメントに活用されて歴史がある。そして、顔の見えないTwitterでは、ある程度本音語り合うことが出来る。だからこれをFacebookに連動するとちょっとおかしなことになる。

Facebookの力
Facebookをアイコンで使っている人がいるが、これは大きな間違いだ。Facebookは顔を出して会話するから意味があるのである。そして、セキュリティを効かせて、公開出来ない会話も出来る。最も実社会の関係に近いネットサービスなのだ。顔や実名を出している以上、自分のポストは、お友達間のパブリックスペースでの会話になる。つまり、社交的でなければならない。よって、Twitterとは違い宗教や政治的問題を語ることも少なくなる。

It Gets Better: Facebook Employees

前回の記事で、Googleリアルタイム検索とTwitterの関係を書いてみたが、実際、Twitter検索の情報性は凄い。僕が深夜、Twitterで知ったことが、日本のサイトで紹介されるのに1〜3日も掛か場合もある。そしてそれがFacebookで「いいね!」されたりポストされるケースもある。もちろん、結構コアな情報にはなる。そこで、僕の提案なのだが、この二つのサービスの特性をしっかりと理解して使い分けることをおススメする。

また、Facebookを中心としたソーシャルメディアMAP(インフォグラフィック風)も訪問してください。僕のソーシャルメディアの利用法が一目で見ることが出来ます。

Related posts