Googleリアルタイム検索とTwitterの関係


Twitterは、Bingと契約の延長をしたようです。しかし、TwitterとGoogleの関係はどうなのでしょう?
と言うのもご存知のようにGoogle検索でリアルタイム検索のオプションが廃止されました。リアルタイムにTwitterの情報を検索するには、Twitter Searchを使うしかありません。Googleで検索をしている時にタブをTwitter Searchに切り替えるのは、とても面倒なことです。ただ、しばらく見ないうちにTwitter Searchのインターフェースも変わりました。

Twitter serach

Googleリアルタイム検索廃止の理由

Googleは主にいくつかの問題でGoogleのリアルタイム検索を廃止した。同社は、主にTwitterの情報を搭載したツールを見逃してくれたしています。しかし普通のユーザーが気づいていないようにも思われる。最近のアメリカ東海岸の地震時には、Googleの検索結果でのつぶやきの不足が影響はあったのでしょうか?今回の台風の情報はどうだったんでしょうか?
今の段階では、両社間のにらめっこが継続するとみられます。僕ははGoogleとTwitterの情報はどちらも優れていると思う。実際、Googleはそれはとても重要ではないと考えているのなら以前のGoogleはリアルタイム検索の打ち上げの時の巨大なプレスイベントをやったことが、かなり奇妙に思えます。
少なくとも、この時点でGoogleは、GoogleからのコンテンツでGoogleのリアルタイム検索を再起動することを期待したいのでうが、それがGoogle+であるならば僕は違うと思います。検索を専門とする会社から、Google自身のソーシャルネットワーク上でコンテンツを検索することができないということは、非常に馬鹿げています。もし、膨大なサーバがこのリアルタイム検索に必要であれば、まず、第1にそこに投資するべきだと僕は考える、それは、Googleの生命線は検索など僕は考えるからだ。

TOSPY

Googleはリアルタイム検索は、ソーシャルネットワークでコンテンツを検索する機能はなく、Twitterに依存していたようだ。となるとTwitterとの関係が改善しない限りTwitter Searchを利用するか?僕のようにTOSPYを利用するしかないようだ。

参考サイト:Twitter Renews Deal With Bing; Google Deal Remains MIA

Related posts

One thought on “Googleリアルタイム検索とTwitterの関係

  1. […] 前回の記事で、Googleリアルタイム検索とTwitterの関係を書いてみたが、実際、Twitter検索の情報性は凄い。僕が深夜、Twitterで知ったことが、日本のサイトで紹介されるのに1〜3日も掛か場 […]