ソーシャルメディア マーケケティングを学ぶインフォグラフィック


前回の更新でLinkedinを紹介した。しかし、Linkedinは、今の段階では海外のテクロジーやビジネス情報、海外と取引を望む人、海外で就職を望む人には適しているが、一般にFacebookやTWitter,Google+を楽しんでいる人には敷居が高いかも知れない。

就活に活用されるソーシャルメディア

Facebookの友達のソーシャルプロモーションYHPの佐藤さんから紹介のあった「今の時代学生が就職するにもソーシャルメディアの経験も採用の条件になる時代」という情報に驚きも感じた。その辺も考量すると自分の目的に沿ったソーシャルメディアを活用するべきで時代になっているようだ。すなわちそれぞれのソーシャルメディアの特性に合わせ使い分ける時代に入っているのではないか?
ソーシャル就活プラッフォーム
Facebookは優秀な学生の囲い込みに使えるか?ソーシャルリクルーティングの実態

インフォグラフィックで学ぶソーシャルメディア

ここで紹介するのは、Flickrで見つけたSocialmediamx’s photostreamさんのインフォグラフィックだ。ソーシャルメディアの最新事情がわかる5つのインフォグラフィックス:ソーシャル&リアルの世界:ITmedia オルタナティブ・ブログで翻訳入りで紹介されているので、それを参考して欲しい。ここでは、Socialmediamx’s photostreamの作品でデザイン的に面白いのみを紹介する。当然、Flickrなので、気に入ったら自分のブログには張込むことも出来る。

Facebook vs Twitter

Info 10

5 Ways Cultivate On Active Social Netwoke

info 5

Social Media is Changing Business

info 7

The New Marketing Strategy

info 6

Social Web Involvemnt

info 8

これらのインフォグラフからソーシャルメディアマーケティングが見えてくる。だが、ここには、Google+の存在はない。しかし、SNSを含むソーシャルメディア文化は完全に根付いている。そして、その利用法や活用法をもっと深く探るべき時代に入っている。無料だから企業がソーシャルメディアに参加すると言う動機では、必ず失敗するような気がする。企業は、経費を掛けてROIを確立する為に優秀な人材をソーシャルメディアの担当に配備する必要のある。また、営業部門では、ソーシャルメディアのマーケマーケティングを専門家を交えて学ぶ必要がある。

Related posts