中小企業が避けることができるソーシャルメディアの間違い10


Eric Savitzのフォーブスのレポートに”中小企業が避けることができるソーシャルメディアの間違い10”というタイトルがありました。ソーシャルメディア先進国に日本の中小企業もソーシャルメディア利用で学べることがあるのではないでしょうか?
昨日のこのブログのレポートである”レディー・ガガが教える5つのマーケティング術”にあったように

ソーシャルメディアで、これは簡単ですが、正しい方法を行う場合にのみ効果的です。ファンがそれらを必要とするとして成功したアーティストは同じくらい日常生活の中でファンを必要します。

この「正しい方法を行う場合にのみ効果的です」の”正しい”の意味を掘り下げたいとも僕は思っています。

Social Media Landscape 2011

ソーシャルメディアの間違い10とその対処法

ミステイク1:計画がない!
多くのソーシャルメディアアプリケーションは無料です。しかし、小さな企業が利用するには、多くの時間を必要とします。そして、時間はお金と同じです。貴重な時間とお金を無駄にしないように、ソーシャルメディアマーケティングの計画を行わなければなりません。あなたがソーシャルメディアとどのような計画から目的達成する必要があります。あなたがその計画に専念するための時間とリソースの量を決定する必要があります。計画を持って、あなたが望む結果を達成することに焦点を当てることが容易になります。

ミステイク2:早すぎるアクション!
計画を確立した後、多くの場合、中小企業経営者は、一度にソーシャルメディアの空間のあらゆる側面にジャンプします。それは非常に迅速に圧倒するのは簡単ですのが、それは大きな間違いです。すべてのソーシャルネットワークは、あらゆるビジネスやビジネスオーナーだけのためにあるのではありません。プラットフォームは、最高のビジネス目標に合わせて決定するためにいくつかの研究を行うことが必要です。競合他社の存在。顧客がどのようなサイト興味があるのか?すでに既存のネットワークが確立されていることを理解して、自分が新しいプラットフォームをスタートさせることを検討してください。

ミステイク3:ROIの測定
中小企業としては、限られた時間とリソースを持っているので、それが投資価値があるか確認するために、ビジネスのあらゆる側面を測定することが重要です。ソーシャルメディアのプログラムも例外ではありません。あなたのプログラムの目標を設定し、これらを監視する方法があることを確認します。ほとんどのソーシャルメディアアプリケーションは、いくつかの彼らのプラットフォームに関連付けられている分析の種類だけではなく、ツールの使用方法を説明するヘルプのセクションがあるのです。

ミステイク4:ブランディングのため活用されていないソーシャルプラットフォーム
すべてのソーシャルメディアプラットフォームは、企業が自社ブランドのメッセージや画像を挿入するための複数のフィールドが含まれています。多くの中小企業経営者は自分のプロフィールを空白で複数のフィールドのままにします。これは大きな間違いです。あなたの会社の情報、ロゴ、およびあなたのプロフィール上の他のリンクや画像は、あなたのビジネスで潜在的な顧客の興味に持っている営業ツールです。あなたのプロフィールが半分完了している場合、それはあなたの会社に悪影響を反映している。 Plusは、より完全な情報は、あなたのソーシャルプロフィールにあるます。検索では大きな力を発揮します。

Social Media 4 Social Change

ミステイク5:聞くこともなく、同意することもなく自分のプロモートをする!
あなたは常にあなたのビジネスの話を優先させるネットワークは横並びになります。よく耳をかたむけるです。新しい人々との会話にジャンプするか質問を恐れてはいけません。同様に、誰かがあなたに質問をしたりするコメントを行った場合、速やかにあなたは応答する必要があります。それは、どこでも開かれるパーティと同じことです。

ミステイク6:否定的なコメントやフィードバックへの対処
時折、企業の経営者は自社のビジネスやサービスについて否定的なメッセージを投稿不満を持つ顧客やクライアントを持つことになります。最初の反応はすぐに投稿を削除することはやめてください。ソーシャルメディアは、透明性と信頼性に基づいています。投稿を削除する代わり、それに真正面から直面し、完全に懸念に対処したください。それを扱うことは、あなたが以前よりもブランドの忠誠心を獲得します。
レディー・ガガも全く同じことを言っています。

ブランドは、正直ですべてをオープンにすることで強烈な愛好家を惹きつける。

ミステイク7:既存のプロファイルを主張
あなたの会社の情報の多くは公的なプロファイルの問題であることをご存知ですか?これは、社会的にかどう関与していることが必要に関係なく、あなたの会社は既に可能性があることを意味します。 Googleなどの場所やYelpのようなサービスでは、あなたの会社についての情報を表示することがあります。それを悪意だと受け取らないでください。あなたのWebプレゼンスを拡大する機会としてこれを使用してください。これらのサービスのすべては、あなたの会社について示されているのかを制御するオプションです。あなたの会社はもちろんのプロファイルのすべてを主張し、情報を更新する。同じ情報が表示されているように、各ネットワーク上で一貫性を持たせます。

ミステイク8:焦ること
オンラインプレゼンスの構築には時間がかかります。あなたのネットワークをオンラインで拡大するに本当に興味があるのなら時間が必要なことを理解してください。そして、時間を準備する必要があります。成功するためのソーシャルメディアマーケティング計画の場合、それはあなたが一貫してオンラインでやり取りをすることが重要です。

ミステイク9:情熱の低下
ソーシャルメディアマーケティングで成功するためには情熱が必要です。所有者として、あなたは誰よりもあなたのブランドを知っているが、あなたがオンラインでの相互作用についての情熱的ではない場合、あなたのソーシャルメディアの努力は動作しません。もしリソースがある場合、従業員やインターンのいずれかがプログラムを実行することを検討。ソーシャルメディアは、あなたのビジネスに大きな影響を与えることができますが、(何ものような)には、興味とそれを成功させるために情熱の一定のレベルを保つ必要があります。

ミステイク10:ソーシャルメディアがビジネスへの最適化ではない
企業の多くはソーシャルな使用しているという理由だけで、あなたがしなければならないというわけではありません。多くの中小企業の場合は、ソーシャルメディアは、あなたはそれに多くの時間を無駄にしてしまいます。もし、ソーシャルが得意ではないと判断した場合は、それで十分です。少なくとも、あなたがミスの第7のアドバイスに耳を傾けることを確認してください。

ソーシャルメディアマーケティングは、中小企業のために驚くべきことを行うことができますが、それが適切に利用されている場合のみ。あなたが好むと好まざると、あなたのブランドを使用すると、完全なソーシャルメディアのプログラムを作成する準備ができません。

ここでもレディー・ガガは同様なことを言っています。
ソーシャルメディアも実社会の一部だと理解できる人。人の話に耳をかたむけることの出来る人。そうでなければ、ソーシャルメディアをビジネスで活用すると大きな落とし穴に陥ることがあるでしょう?

Related posts

One thought on “中小企業が避けることができるソーシャルメディアの間違い10

  1. […] まず、学ぶこと! 起業家・経営者は、まず、経営についてのモチベーションを高めるために使う。 ソーシャルメディアのユーザーがあなたの情報を求めているのか?また、ソーシャルメディアについて学ぶ必要がある。そして、facebookなどでは、バーチャルな友達関係だと実社会の対応と区別しないことだ。 中小企業が避けることができるソーシャルメディアの間違い10でもレディー・ガガが教える5つのマーケティング術でも、使い方が間違っていなければ成功するソーシャルメディアについてが記されている。 つまり、時間というリスクとどう闘うかという問題を解決することが、そして、Facebookページなどでもファンの数やfacebookの友達の数もある一定の数で十分ビジネスに活用できることも知ってほしい。 Web Athkete Facebook Page […]