フジQのFacebook利用に学ぶ!


前回の記事でFacebookページの活用法についてFACEBOOK PAGE ビジネス効果を得るための5つの方法。という記事を更新しました。それから日本のfacebook Pageのビジネスに目を向けてみました。
GWに富士急ハイランドに行ってきた。富士急ハイランドのFacebookページを事前にチェックしていたのが、それほど興味をそそられなかった。しかし、現地に行ってみると富士急のFacebook利用法が見えてきた。

イベントで取り込むFacebook利用

本来、このイベントはFacebookでなくてもTwitterでも可能だが、告知用のページ機能があるFacebookの方がビジネスに活用できる。
富士急ハイランドのイベント
新しく出来るアトラクションの宣伝のためにFacebookのアイコンでアトラクションの周囲の壁に貼り付ける企画。

富士急ハイランドfacebook
ソーシャルメディアでは、参加型で楽しさを演出することが大切である。その特性を活かしたイベントだと感じた。ただ、熱狂マシンに酔う層とFacebookのユーザーがマッチングするかという点には疑問が生じる。これは、Twitterのほうがいいのかも知れない!

週刊ダイアモンドのTwitter企画

一昨年の1月号の企画だが、Twitterユーザーにアイコンの掲載を募り、多くのTwitterユーザーが参加した。実は僕も娘のアイコンが掲載されたのに感動した。この企画はライトな感覚のTwitteユーザーには人気と話題をもたらした。富士急ハイランドもこれに似た企画である。

週刊ダイアモンド
週刊ダイヤモンドツイッター特集号企画会議 実況バージョン

Facebookページの活性化

FACEBOOK PAGE ビジネス効果を得るための5つの方法。の一番最初の項目の「ユーザーを見せる」ことは、WEBサイトの構築でも必要なことだ。そして、ファンの参加が出来るフジQの企画はそれなりに成功要因を満たしているのであろう。だが、Facebookページの特性を十分に活かしていると言えない。「アイコン」というのは、Twitterの用語であるからだ。そして、Facebookのユーザーは大人のビジネス向けの傾向がある。Facebookページを活用するには、Facebookのユーザーを獲得する手法からTwitter のユーザーまで引き込むことが現在の日本のFacebookの状況では必要ではないか?

ソーシャルメディアの終焉。TUMBLRの時代なのか?

Related posts

One thought on “フジQのFacebook利用に学ぶ!

  1. […] ブランド力を高めるFacebook Pageの7つのApps フジQのFacebook利用に学ぶ! Facebook […]