GoogleのFacebook対策はFacebookに対抗していない別の努力だった。


GoogleがFacebook「いいね!」ボタンに似たOneプラスを発表!
今、Googleはどこへ向かっているのだろうか少し調査してみた。

Facebookに追撃され続けているGoogleの次の手段は!

アメリカでは水曜日に多くの人が驚いたことに、GoogleがFacebookに対抗していない別の努力を開始した。
Googleの新しいサービスOneプラスです。それはFacebookに「いいね!」(like!)ボタンのようでもある。日本で実施されるまでには2、3ヶ月間掛かるようです。Oneプラスの概要は、Googleの検索結果に表示されるリンクに出会った時に1ボタンをクリックすることができます。あなたの友人が似たような検索を行うとき、彼らはあなたの推薦が表示されます。つまり共有されるのです。今のところ、1ボタンはだけでなく、Googleの検索ページに表示される会内容は他のサイト上に配置することができます。そして、アドワーズの広告にもそれは実施されます。 Facebook、Twitterとは、違った形の共有できるソーシャル機能になります。
Offical Google Blog
+1’s: the right recommendations right when you want them—in your search results

ソーシャルボタンに新しい風が吹くのか?

Webベースのソーシャルネットワークのほとんどは、エキサイティングで、揮発性と予測不可能な増殖をはたした。そのピークを迎え、数年前に、Googleはソーシャルメディアサイトに驚異を抱き続けてきた。GoogleがTwitterのブレークでGoogle Buzzを開発し、Google Waveは終焉を迎えた。そのBuzzも成功したとは言えないようにも思える。つまり、Googleが開発したソーシャルメディアの唯一成功しているのは、買収して得たYouTubeだけだ。そして、今の戦いは、比較的落ち着いたようだ。それはFacebookの600万以上のアクティブユーザーを獲得しているからだろう。Facebookはアメリカでは誰もがやられているよなインフラ化してるとも言える独擅状態だからだ。日本でもFacebookの「いいね!}ボタンとそのプラグインを利用したボタンは多くのサイトでも見ることが出来る。

Farhad Manjoo氏は次のようなことをWEBサイトで報じている。
Facebookはこの成功にもかかわらず、私はよくFacebookに登録して、一時的な流行かもしれないことを示唆している読者から話を聞く。

大きな不満は、ソーシャルネットワーキングではないことが重要な技術トレンドは、我々は乗り越えることになるだろうことと、実際に技術の将来は他のもののコンピュータ科学者が動作チップ、アルゴリズム、およびされ決まります。これらのコメントは、それが私には思われるが、約深い懸念を反映するものすべての、友人の嗜好、共有量に。読者は、多くの場合、特にそのFacebookに文句を言う一般的にはソーシャルネットワーキングは、現実の関係性の低下につながります。我々は、それがWebを変更するつもりだだけではなく、心配している我々のオフラインも同様に住んでいます。

Is Facebook a Fad?

Facebookは肥大化している?

Facebookクエスチョンというサービスが日本でも来週には始まるだろう?Facebookがまるで一昔前のポータルサイトのような状態になっている。もしろん、進化を続けたほうが嬉しいのだが、肥大化したGoogleのように多くの人に支持されるソーシャルメディアのアイディアは巨大企業Googleからは生まれないようにFacebookも同様な不安を感じる。MySpaceが衰退したときのようにFacebookも同じ道を歩むかも知れない。さらに誰でもが使っているソーシャルネットワーキングなんてネットオタク的な人間には面白さも掛けてくる。

oneplus

Googleのアルゴリズムに大きな影響があるのか?

Google検索は多くのオプションでパーソナルな検索も行えるようになった。だが、それは今だに検索エンジン最適化されたサイトのページランクを優先される。つまり、実際のコンテンツの評価を人間が下しているのではない。もちろん、レビューやTwitterの評価も参考にされるようだが、不完全なものだ。そこで、このONEプラスはそんな現在のアルゴリズムに大きな影響を及ぼすと僕は密かに期待をしている。しかし、Facebookの「いいね」は検索からたどり着いた評価ではなく、実際にサイトに訪れての評価となるので信頼性が高い。まだ、ONEプラスについて使ったわけではないが、検索ページで「ONEプラス」をクリッしても正しい評価と言えるだろうか?
上記の図の流れのようになるのならONEプラスは信頼できる情報とは言えないだろう!

Related posts