ソーシャルメディアレボリューション:こんな時だからこそFacebook.


今更だけどソーシャルメディアレボリューションのビデオを紹介!

東北地方太平洋沖地震で日本中がパニックの中にいるような気がする。しかし、このビデオのように今、FacebookやTwitterのお陰で様々情報が手に入っている。そして、何よりも多くのユーザーが寄付のサイトへの紹介や支援の言葉や一丸となって日本を盛り上げるムーブメントを作り上げようとしている。混乱の時ではあるが、日本人としてのそこ時からのようなものさえも感じる。

Facebookの時代のソーシャルメディア

2009年からfacebookを始めたが、ここ数ヶ月の多くのFacebookの友達が出来た。しかし、「Facebookの友達を増やす方法」などのPOSTに少し苛立ちさえも感じる。5000人がMAXのFacebookだが、Twitterと違って友達の数に価値観を見いだしている人がいた。数より質がFacebookの場合は必要だと思う!それがFacebookであってTwitterと基本的に異なるところだと僕は感じた。もちろん、地震関連のPOSTのなかに楽しいPOSTがあってもいいと僕は思う。だが、確かな絆が出来ないのであれば、それは意味がない。勿論、ビジネスユースの方にはFacebook Pageが用意されている。

ソーシャルメディアレボリューション

このビデオを見るとソーシャルメディアの時代の移り変わりが見える。そして、今はやはりFacebookの時代であることが分かる。FMなどはTwitterをFAX代わりに使っている。考えてみれば、ラジオの深夜放送こそが昔のソーシャルメディアであったのだ。東北地方太平洋沖地震で殆どの日本人のこころに何かの穴を開けたような状態になっているのでしょうか?そんなかでソーシャルメディアを利用していることで、少しでもその穴が埋められるのではにだろうか?

Social Media Revolution 2010

Social Media Revolution

Social Media Revolution 2 (Refresh)

Related posts