ソーシャルメディアビジネスFacebookの威力


企業によるソーシャルメディア広報に関するアンケート調査2011年 2月22日 (財)経済広報センターから発表のなかに”6割以上の企業がソーシャルメディアを活用した広報の発展に期待”言う調査結果があった。
ソーシャルメディアの中身はTwitter,mixi,Gree,YouTube,Ustream,Facebook,Blogとなっっていた。そして、ソーシャルメディアを活用した広報を実施している企業は24.9%となっていた。

日本ではFacebook元年、アメリカではインフラ

今年になって僕の実感とすればFacebookの利用者が起業家の女性を中心に増えているように思える。また、アメブロにhomeブログを設置しているのが重ねて目立つ。考えてみればアメブブロの機能がFacebookの一部の機能に似ているような気もする。そして、そんな人の中には、Twitterビジネス利用セミナーやFacebookセミナーのような解説する人がいる。しかし、現実的にソーシャルメディアのみでROIを確立するのは難しいのが現実だろう。多くのアメリカの企業はそれなりのアイディアと投資を行っている。要するに常に新しいコンテンツを創造出来ない企業ではソーシャルメディアをビジネス活用するのは難しいのではないか?
facebookビギナー倶楽部

そこで、Facebookに踏み込んだのが日本が代表するグローバル-アパレルメーカユニクロだった。「ちょっと遅いかな〜」なんて感じですが、ユニクロならFacebook連動コミュニティも十分活用は出来るとでしょう。

facebook shopping cart

FacebookショッピングカートのApp

以前にも紹介したFacebookが女性に人気がある理由(フェイスブックショッピング)の記事にあるFacebookショッピングサイトは、Facebookでショッピングまで出来てしまう凄さ。そして、FacebookカートのAppは実に便利な機能の一つだ。
Facebookマーケティング バイブルの価値
Facebookビジネスが創造するソーシャルサーチの時代。とFacebookにはビジネスユーザーが飛びつきたくなるAppや機能がある。

Facebook CEO Mark Zuckerberg called Open Graph "the most transformative thing we've ever done for the web

Googleに変わったFacebook

MashableのCEO Pete CashmoreCEOのCNNのサイトの記事では、Facebookのlike(いいね!)ボタンの優れた機能を紹介している。それは、まるでGoogleが見た悪夢のように形容されている。そして今、現実にGoogle検索エンジン最適化を考慮するよりも企業や広告代理店はFacebookを理解する作業から始めている日本とはかけ離れた状態にあります。たぶん、WEBテクノロジーにそれほどの知識のないアメブブロのビジネスユーザーには理解は出来ないでしょうが、スマールビジネスへの嗅覚がTwitterから同様にFacebookへ移行しているのでしょう?

Facebook SEOについて
アカデミー賞が映画の最終的な基準であるならば、ディレクターはすばらしい映画かオスカー獲得の人をつくろうと試みますか?
あなたの選ばれた検索語のためにGoogle結果の最初のページに載ることは、おそらくオンラインオスカー勝利相当です。
Googleがウェブ上で価値があるすべてのバロメーターになるために上がったので、出版者はGoogle神を落ち着かせるために彼らのサイトを変えようと急ぎました。「Engine Optimizationを捜します」大きい産業でなりました;SEOコンサルタントの多数は出現しました。そして、よりよくウェブのGoogleの基準にフィットするためにあなたのウェブサイトを最適化するといいます。
Facebook Likesが離陸するならば、どうですか?
または適当なジャーゴンを使用します:オープンGraphがウェブの基準になるならば、どうですか?出版者は、我々の新任の大君をなだめるために、彼らのサイトを変えますか?
私は、それをすでに見ています:Facebookが新しいキングメーカーになって、何千ものサイトはオープンスタンダードに優先して意味論的なデータのFacebookのバージョンを加えています。発射以来週に、50,000以上のウェブサイトは、Facebookの「ソーシャルプラグインを加えました。」どちらが幸せにFacebookがウェブを組織することを簡単にするかというすべてにFacebook最適化は、新しいSEOであるかもしれません。

facebook starbucks

Facebookページを作成について

FacebookはTwitterとことなりスポンサー色を前面に出します。そして、それは大企業向けだけではなくローカルのスモールビジネスにも適応しています。あなたが自分のビジネスでソーシャルメディアを利用とする考えるならば、Facebookページの作成を一番最初に考えるべきです。地域のビジネスにもサークルにも大企業にも同等に使えるFacebookページがソーシャルメディアのビジネス利用では一番活用がしやすいツールなのです。Discover Facebook Pages | Facebook

参考サイト
ソーシャルで、リアルタイムで、もちろんグローバル–ユニクロがFacebook連動コミュニティ
ソーシャルメディアを活用した広報を実施している企業は24.9%-企業のソーシャルメディアを活用した広報の実態調査を実施-
フェイスブック ビジネスセミナー 2011
Google’s nightmare: Facebook ‘Like’ replaces links
Mashable – Business

Related posts

One thought on “ソーシャルメディアビジネスFacebookの威力

  1. […] Facebookは、比較的、リンクなどを張ったポストには友達が「いいね!」を押してくれたりして、協力的なネットワークを構築できる。そのメリットを最大限に利用して、最終的にはFacebookページに誘う。それが、ビジネスの対象エリアのユーザーでなくてもいい。最終的には、Facebookページのファンを増やすことが、ビジネスの力になる。出来るだけ多くの人にページに「いいね!」を押して貰うことがビジネスに効果をもたらす。個人の友達は、制限で5,000人なのであるから、それでは、小さなビジネスであっても効果は期待できない。 それを示したのが上の図である。 Facebookでビジネスをする人たち ソーシャルメディアビジネスFacebookの威力 […]