恐るべきiPad人気がもたらすApple社への影響。


iPadの人気がアップルをさせる!

iPhoneのユーザーがPCもWinマシンからアップル製品に流れたと言う話はよく聞くそして、iPadのユーザーの動向が気になる。僕自身はipadよりMac book Proを選んだ。そして次に欲しいのはAirとなる、しかし、仕事で移動の多い人にはiPadはビジネスのツールとしてもiPhone以上に活用出来るツールであることは間違いない。そこで、iPadoの販売とアップルにおける収益についての記事を紹介しよう!

iPad 3G and iPad Wi-Fi

アップルのiPad事業が開始されて9ヵ月間が経ちました。そして、iPadはアップルのために収益でほぼ100億ドルをすでに生み出しました。具体的には、アップルは昨年1480万のiPadsを出荷しました。そして、収益で96億ドルを生み出しました。iPad単独で15分の間もってください、それはセールで46億ドル730万のiPadsを出荷しました。

それは素晴らしいです。そして、より素晴らしいことは、収益で54億ドルを生み出すことが27年前のマック事業と同じ収益の総額であるということです。しかし、おそらく、最も注目に値することは、アップルが全体的にまだどれくらい速度で売り上げを拡大しているかと言うことです。販売最終四半期の267億ドルで、アップルはまだ71%の前年比です。
CHART OF THE DAY: Just Like That, The iPad Is Almost As Big As The Mac

SAI chart Apple revenue by segment December 2011 quarter

iPadの人気はAppleの売り上げを拡大させた!

iPadの販売が拡大すると当然ながらアプリケーションの売り上げも拡大する。このところAppleユーザーもかなり目立つ。日本ではスマートフォンはiPhoneはダントツ人気である。
OS人気ではAndroidにはかなわないにしてもやはりiPhoneからiPadへの流れはかなりあるだろう。そして、それを支えるアップルストアーの収益まで考えるとApple信者が更に拡大する状況の中では単なる一つのディバイス人気が企業の収益をかなり高めることになる。

Related posts