Facebookマークの新しい挑戦とGoogle巨大企業

SAN FRANCISCO - NOVEMBER 15: Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg pauses as he speaks during a special event announcing a new Facebook email messaging system at the St. Regis Hotel on November 15, 2010 in San Francisco, California. Facebook will launch a new messaging system aimed at enhancing it's social media product to its 500 million users. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

Facebookが作り出した富とは?

マーク ・ザックバーグをもし、NYの街角で出会ってもビバリーヒルズですれ違うセレブのように視線を奪われるでしょうか?どこにでもいるアメリカの青年のようにしか僕には見えません。自転車に乗って、「あなたは神を信じますか?」と都内にいるアメリカ人と外見上何も変わらないように思えるのです。そんな彼は、巨大検索企業Googleと真っ向から闘っているソーシャルメディアFacebookの創業者なのです。

Facebook創業者の莫大な富がなせる技!

マーク ・ザックバーグはウォーレンバフェットとビルゲイツのGiving Pledge Campaignの最新新人です。そして、彼は、その慈善団体に彼の富の半分を渡すことに同意しました。

Giving Pledgeの運動はとても小さいが、 ウォーレンバフェットとビルゲイツによって始められて、世界の億万長者の資金力は膨大です。
9月に、Zuckerbergはニューアークの公共学校組織への1億ドルの寄付をしました。批評家は、その補助金のタイミングを疑いました、完全に潜在的に有害な映画Social Networkの封切りと同時でした。しかし、ニューアーク市長コーリーブッカーは、彼を弁護しました。

上記は、今日僕が見つけた記事、Facebook’s Mark Zuckerberg Joins Buffett and Gates in ‘Giving Pledge’に書いてありました。

アカデミー賞候補!?「ソーシャル・ネットワーク」
FacebookとGoogleのごう慢さは社会文化的無知の表れ

Googleのサービスは素晴らしい!でも独占は?そんな思いを打ち壊してくれたFacebook

WEBの世界がGoogleだけに独占される事を「良し」と思わなかったのは、僕だけじゃなかったでしょう?でもFaceBookは、そんな僕の不安を拭ってくれました。僕は、ソーシャルメディアFacebookにもWEB界を独占してもらいたくありません。Googleのサービスと共に僕の仕事は存在します。Facebookは、僕の親しい人とのコミニュケーションと情報の収集に役立ちます。どちらも僕には必要なサービスです。

Related posts

Leave a Comment