Googleの緊迫した状況。もうFacebookにやられっぱなし!


Googleの緊迫した状況が記載されている記事を見つけました。ここまでGoogleはFacebookにやられているのかと驚きもしました。
ANALYSIS-Google waging talent war with Facebook
SAN FRANCISCO、11月10日(ロイター) – Google Inc(GOOG.O)(それはオンラインのウェブサーファーのためにFacebookから脅威に直面しています)は、同様にFacebookとエンジニアリング才能を得るために戦っているそうです。

Googleは内部的に、広く、エンジニアの流れを止める努力として見られる動きにおいて来年給料を10パーセント増やす計画を発表しました。そして、検索巨人を捨てて成長の早いライバルに走っているマネージャーはFacebookへ・・・

GoogleのエンジニアがFacebookに流れて行く!

この記事を読んで納得するところがいくつかありました。
僕はGoogleの検索サイト以外のGoogleのサービスに不満を持っています。もちろん、YouTubeのような買収したサービスは別です。巨大企業Googleでは、ネットユーザーの心をつかむようなソーシャルメディアは、開発が出来ないような気がするのです。Filckrのような素晴らしいサービスも同様です。Yahoo!単独では開発出来なかったのではでしょうか?TwitterやFacebookというのは、優秀なテクノロジーにより開発されたサービスではなくて、ユーザーの心が分かっているようなサービスです。昨年は、Googleの買収をTwitterは、断りました。そして、Facebookは今Googleと真っ向勝負です!

techcrunch.comでは、数度に渡って、Google vs Facebookの記事が更新されています。

昨年一時的にでもGoogleのビジターをFacebookがアメリカで上回ったのは、Facebookの楽しいさからの人気と検索サイトに飽き飽きしたユーザーの動向ではないでしょうか?僕自身検索で得る情報よりFacebookのお友達のからの情報の共有による情報取得がメインになっておいます。確かにGoogle リアルタイム検索や最近のGoogel Instant Previewの機能も素晴らしいのですが、やはりソーシャルメディアの方が必要な情報は得やすいのではないでしょうか?

Google Instantは、Facebookへの反撃
FacebookとGoogleのビンタゲーム:「オープンとは都合の良い時だけオープンになることではない」
Google再度反撃―GmailユーザーにFacebookの閉鎖性を強くアピール

Related posts