Facebookが日本市場の攻略に本腰を入れ始めた。その気配を探る!


Facebook founder and Chief Executive Mark Zuckerberg speaks during a media event at the company's headquarters in Palo Alto, California October 6, 2010. Facebook on Wednesday unveiled a series of tools to give users more control over their personal information and help them interact with smaller, select circles of friends. REUTERS/Norbert von der Groeben (UNITED STATES - Tags: SCI TECH BUSINESS MEDIA)

Facebook創設者Mark Zuckerbergとチーフ相談役は、パロアルト(カリフォルニア2010年10月6日)の会社の本部で、マスコミ操作による事件について話しそうです。Facebookは、水曜日に、ユーザーに彼らの個人情報のより多くの制御をして、彼らがより小さな、選ばれた交友関係と相互に作用するのを援助するための一連のツールを公開しました。
Facebook lets users form groups and download data

Facebookが日本で本気を出しそうな気配だ。
Facebook、位置情報サービスを日本でも開始ましたよね!これでiPhoneでFacebookが楽しめます。
TwitterもPCから始めたけど仕事が忙しくて、なかなかPCからつぶやけない。最近は、出先で時間が開いた時などちょっとつぶやいたりしているだけである。しかし、TwitterのTL見ているよりFacebookのTLを見ていた方が僕の場合興味ある情報を得やすい。そんなFacebookの日本法人代表の言葉がなんか力強いですよね!

日本向けの機能強化を進めるなど、Facebookが日本市場の攻略に本腰を入れ始めた。代表を務める元ヤフーの児玉氏は「日本でも実名主義を貫き、地に足を付けてやっていく」と話す

Facabookは2004年に米国でスタートし、月間のアクティブユーザーが5億人という世界最大のSNS。ユーザーは18~24歳が30%、25~34歳が28%、35歳以上が28%となっており、現在は35歳以上のユーザーが伸びているという。

Facebook日本攻略へ 実名主義で「地に足付けてやっていく」
この二つの引用文からもFacebookの日本での躍進が伺えそうだ。

そして、ニューヨークタイムスでも紹介された長い記事の一部を僕の”ゆるーい”翻訳でお届けしよう!

Facebook(世界最大のソーシャルネットワーク)は、2010年7月に、世界中の5億人のユーザーを得たことを発表しました。同社は流星のごとく成長しました。そして、2009年以降大きさにおいて二倍になって、国際的競争相手を押しのけました。その方針は、他のどの会社のそれらよりもより、インターネット時代にプライバシーのための基準を定めるのを助けています。
同社はハーヴァード二年生のMark Zuckerbergによって2004年に学生相手にはじめられました。それは、ティーンエイジャーとあらゆる年齢の大人によって使われる広く人気があるオンラインの目的地に現在発展しました。

NYtimes.com Facebook

長々と続く記事でMySpaceの勢いを止めFacebookがここまでアメリカ人に人気の理由が未だ僕にはわかりません。ただ、ひとつだけ分かることがあります。それは、検索サイトの情報がSEO対策な特にな行儀の悪いネットビジネスを行う人達に汚され、アメリカ人のネットユーザーが楽しくかったり、鮮度の高い情報を得るの手段がFacebookを利用するということなのではないでしょうか?新しいソーシャルメディアの概念がFacebookにはあるということなのでしょうか?
日本人には、セキュリティパスが面倒なFacebookですが、その辺も改善されそうですね!

Facebook、プラットフォームを「オープン」に

Related posts

One thought on “Facebookが日本市場の攻略に本腰を入れ始めた。その気配を探る!

  1. Yahoo!検索 サイトエクスプローラーの終焉でやるべき作業は? | NET JUNKIE2 SEO

    […] Facebookファンページの活用 ここで、SEM対策の重要性!をもう一度考える必要もある。SEO対策の被リンクを増殖させるためには、メールマガジンやソーシャルメディアの連動を考量する必要がある。Facebookファンページの活用は不可欠になるだろう! […]