何千ものTwitterのつぶやきの威力。

Twitterマラリア

世界保健機構によると、およそ33億人が世界中でマラリアになることの危険にさらされているとのことです。そして、年当たりの100万人が死ぬそうです。特にアフリカで、大部分が若者です。それでも、マラリアの蔓延をコントロールする比較的安くて効果的手段は、10ドルの殺虫剤治療(ベッドネット)です。
2009年4月に、ちょうど彼がマラリアのための事務総長のSpecial Envoyに任命された1年以上後に、チェンバーズはサラロス(アシュトンKutcherのKatalystメディアのデジタルのヘッド)と接触しました。Kutcherとともに、ロスとチェンバーズは、KutcherとCNNの間で100万人の支持者にマラリア認識を吹き込む方法を考案しました。結果は、Kutcherによる100,000ドルの寄付とベッドネットを購入しました。問題の認識の大量の量は、それは、何千ものTwitterのつぶやきを通しても増えたそうです。

いま、ソーシャルメディアで大勢の人がこの救済への参加を呼びかけています。
そして、どのメディアでも出来なかった1億7400万人以上の支援者を集めることが出来たようです。

もし良かったらThe Mashable & 92Y Social Good Summitの動画とサイトをご覧ください。

How Social Media Helped 174 Million People Get the Message About Malaria

Related posts

One thought on “何千ものTwitterのつぶやきの威力。

  1. […] で行われるようにするにはどのようにしたらいいのか?僕は時々考える。多くの悲惨な出来事に素敵なムーブメントを与えたTwitterの文化は日本では浸透しないのか?残念にさえ思う!つま […]

Leave a Comment