今更だけどツイッターのウザイツイート!

今回は、ちょっと毒舌的な記事になるかも知れない。このタイトルにあるように「Twitter」を「ツイッター」と発音すること自体僕は嫌いだ。そんなことはどうでもいいとして、ソーシャルメディアというメディアは、新しいメディアであるからどのように使おうと僕が何もいうことはない。しかし、僕がウザイと思うことを僕が勝手に自分のブログで発言(ブログに書くこと)することも自由だ。

Twitterは、ウザイ広告を載せないことに最大限の配慮をしている。Twitterは収益を上げるために広告についてかなりストイックになっている。そして、Twitterはタイムライン上の広告を排除した。これは、広告をウザイと感じるユーザーのことを考えてのことだ。このTwitterの姿勢に僕は感銘を受けている。坂本龍馬より遥かにエバンウイリアムスを僕は尊敬している。もちろん、Facebookのマークも同様に尊敬している。
Twitterがタイムライン上の広告を禁止=「つぶやきはユーザーのもの」
そして、過去に僕はこのブログでTwitterが新聞折り込みチラシになる悲しさ!Twitterでクーポン企画に足りないものは?などの記事を公開してきた。そして、Facebookでみるコカコーラースタバの楽しいソーシャルメディアのビジネス利用は嬉しい。

Lisa & Marge Simpson

結果的に自分がウザイと思ったTwitterユーザーはブロクすればいいだけなのだが、こんなことでウザイと思われないようにそんな安易なソーシャルメディア利用をしている人は、Twitterのビジネス利用をしてもらいたい。まず、僕のTwitterやソーシャルメディアに対するビジネス参入には、それなりの覚悟をして欲しいということだ。
面白い(interest)・感動するモノがないとブランディングは出来ない。

ウザイと感じたツイ割やそれに準じた安易なTwitterビジネス利用
ここにTwitterで僕がウザイと思うツイ割を始めとするその例を記載しよう。
Twitterのフォロワー数だけ割り引いてくれるお寿司屋さん「すし処 さいしょ」に行ってきた
こんな企画をする寿司屋さんの寿司が美味しいとは僕は思わない。寿司屋さんがTwitterを利用するのはいい。美味しいネタの見分け方などをつぶやいてくれるのなら嬉しい。結果的に僕はこのようなTweetをウザイと感じます!

ウザイと感じるアフリエイター
僕が、SEO対策関連のブログ記事を書きTwitterにURLを載せるとアフリエーターがフォローしてくる。僕はWEBマーケティングコンサルタントビジネスとしてSEO対策の記事を書くのである。僕の知ったGoogleなどの新しい情報を共有する。古臭い上辺だけのSEO関連の情報商材のTweetを見るだけでウザイ感じがする。

またまたTwitterクーポンについて
Twitterクーポンで飲食店の集客を促進に”無料販促が行える”と記載してあった。僕は、この”無料”というキーワードが嫌いだ。ビジネスで「無料だから安易にTwittermをつかう!」この発想が僕は嫌いだ。ソーシャルメディアをしっかり学んで欲しい!Twitterのマーケテイングも参考にして欲しい!
アメブロあたりで情報系のビジネスブログをするのと同じでビジネスに対する姿勢がウザイく感じる。

僕は昨日ギフトなう!の記事を更新した。このようなTwitterを利用した企画力のあるビジネス利用には、応援したくなってします。
ソーシャルメディアからの恩恵:WEB2.0からのDREAM
Twitterは、明るいメディアだよね!
などで紹介したように僕には2年間のTwitter利用の経験からの強い思いがあるのです。ソーシャルメディアは、まず社会貢献できなければ新しいメディアとしての意味が無いように感じる!

Related posts