WEB2.0サミットMAPってなんだろう?

WEB2.0サミットのマップが実に面白い。
blendinteractive.comでこのWEB2.0MAPは、紹介されている。
何故かこの地図には、Google マップ/Earth 利用規約のリンクが貼られていた。
ところでこのMAPを見ていると突然、虹が現れた。これは、WEB2.0の構成する明るWEB DREAMを現しているのか?真意は僕には分からない。
ソーシャルメディアからPCメーカー、WordPressまで、このマップに表現されている意味が少し不明かだった。
そこで、FlowingDateを翻訳してみた。

ブレンドInteractiveは、Riskボードゲームのスタイルで、ウェブ2.0サミットのために支配の点の地図を作ります。ウェブの領域は、大陸として示されます、そして、国は一流のプレーヤーが「要求した地域です。」各々の会社が持つだけの地域が中に思い切って行ったのを見て、より多くの情報を得るためにアイコンをクリックする運動ボタンのClick。より中立の色の地図は経路とアイコンのためになったかもしれません、しかし、それはまだ、見る楽しみです。そして、はい、地図の地理学は偽です。

WEB 2.0サミット

2.0のサミットのテーマ

ウェブの歴史のどんな時間よりもより、ネットワーク経済の現職者は、彼らの力を強化していて、新しい支配のキーポイントに対する権利を主張しています。
一方、大きくて小さな反乱軍は、足場を得るか、新しい領土で地面をとることを望んでいます。
2.0のサミットのテーマ(ControlのPoints)をウェブの最初の繰り返しに迎え入れてください!

WEB2.0サミットについてのTwitterのTweet

GoogleのHTML5のロゴが楽しい!これからのWEBの世界は、HTML5が楽しくしてくれそうだ!
Google Launch Even-Marissaの熱弁の理由は?をご覧ください!

Related posts