GoogleプライバシーとGmailについて

Googleのプラーバシーの侵害について訴訟問題と新しいGmailの機能を追加したというトピックスがネット上では今週目立った。
Googleは、Gmailを中心にこれからのソーシャルメディアへの対応策としているようにも感じる。それは、検索エンジンの需要がソーシャルメディアに奪われている対策の一つではないかと感じる。言い換えれば、Facebookに対応するGoogleのツールは、Gmailということなのではないか?
そして、Googleのプライバシー問題について少し探ってみたい。


Googleグループは、540平方フィートジャンボトロンタイムズスクエアの広告スペースを購入した。
彼らは、GoogleのCEOエリックシュミットが爆破した。
アニメーション機能と呼ばれる”悪さしないか”と漫画シュミット氏は子供たちにアイスクリームトラックの無実の装飾からスパイ示しています。
この話は、消費者ウォッチドッグのInsideGoogle.comにより、プライバシーをGoogleの軽視していることについて語っている。

我々は全国で最も高い売買の公共広場のときは、当社のプライバシーの権利になる方法をタッチのシュミットとGoogle国民の意識を作るシュミットを風刺している。

誰もが恐れていることかもしれないがネット世界がGoogleの支配。そして、そのGoogleに今、唯一対抗できるのはFacebookとAppleとなるのか?ネット上の殆どの情報を得ることのできるGoogleへの驚異は消えない。そして、当然、そんなことも理解しているだろうGoogleの対応をフォーカスしていきたい。

Googleのプライバシー方針が短くて法律用語のない一般人に分かりやすい文章になる
FacebookもGoogleに見習ってあのややこしいプライバシー設定をなんとかしたら?
Google 広告サービスと Google コンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー
Twitter、全リンクをURL短縮サービス「t.co」に移行へ–データ記録に懸念の声も
ネットでやってはならない危険な行動TOP10
Cisco、Skype買収に名乗りか

Related posts