何故、Googleのソーシャルネットは成功しないのか?

もうTwitterは日本のギャルに浸透しないんじゃないかと思う4つの理由”とオルタナティブ ブログに更新した村上 福之さんのどうでもいい記事に「ちょっと違うんじゃないの?」なんて思いながら僕はこの記事を書いている。
僕だってFacebookが日本のギャルに受け入れられない大きな人の理由は語れる。ギャルと称する方々は、英語が読めない!そんなことにフォーカスしてもどうにもならない。僕が今回問題にしたいのは、Googleのソーシャルネットワークは、ソーシャルワークに貢献していないということだ。Twitterは、多くの部分で140文字のブログとして、ソーシャルワークに貢献していると僕は思う。しかし、社会の貢献しないメディアなどは、これからの存在の理由はない。
さて、ギャルにフォーカスする愚かな人よりここにGoogleのソーシャルメディアに付いて考えてみたい!

多くの人々は、Googleは、ソーシャルメディアで大きな成功を上げていません。もちろん、YouTubeが別です、Friend Connectは広く使われていません。しかし、Google Buzzには多くの潜在的であるが、多くでない成功があります。Google and the Value of Social Networkingでは以下のようにGoogleのソーシャルネットワークについて語られてました。

アーロンイバ(元Google従業員)は、Googleがソーシャルネットワークの価格を実現することができなかったと思います。
私は、2005年に、そして、しばらくOrkutチームの上でGoogleで働きました。私は本当の有用性よりむしろソーシャルネットワークをエンターテイメントの軽薄な形として見た環境に遭遇しました。そして、私はこの視点が創設者に指揮系統の上でずっと共有されたとかなり確信します。
そのときに、ほとんど、Googleの誰も実際にFacebookを使わなかったので、彼らはちょうどどんな人々がソーシャルネットワーク製品から出ているかについて、理解しませんでした。信じられないことに、Orkutチームに所属する多くの人々は、職場の外側に彼ら自身の製品(Facebookは言うまでもなく)を使用しませんでした。対照によって、私が知っている誰、Facebookで働きましたその製品の情熱的なユーザーでした。最後に、私はGoogleがソーシャルネットワーク製品の価値のこの広範囲にわたる誤解のため、ソーシャルネットワークで成功しなかったと思っています..

社会に貢献出来ないメディアに明日はない!

社内SMSから始まったTwitterは、単純で分かりやすい人間の心理を付いたようなシンプル機能がある。Facebookも学生時代にMark Zuckerbergが設立した利用者の心をみたいなものを付いていて、大企業Googleの社員には、そんな創業者的な思いが掛けているように思える。アーロンイバの語るソーシャルネットワークを誤解するGoogleと村上 福之さんも同じようにも思える。社会に貢献出来ないメディアに明日はない。僕の知る限りTwitterはその役割を果たした。同様にFacebookも果たしている。さて、Googleのソーシャルネットはどうであろうか?多くの救われるべき人たちを救えないメディアであれば、存在の理由はない。

Aaron Iba Why didn’t existing companies like Google, Microsoft, or Yahoo succeed at social networking?


YouTube Summer School, Session 1: Matter & Motion

Related posts

One thought on “何故、Googleのソーシャルネットは成功しないのか?