Twitter APIの利用制限について

Twitter - New 'Over Capacity' Graphic

最近のTwitterにかなり不満がある人も少なくないだろう!
思ったときにつぶやけなければ、僕はFacebookを楽しむ!最近そんな時間が増えたようだ。
それは、FIFAのワールドカップの影響もあるのかと思ったが、どうやらTwitterがAPIの利用制限を拡大したようだ。サーバーへの付加が掛かりすぎるようだが、Googleのサーバーを利用しているはずのTwitterなのだから?そんなこともあるのか?なんて思っちゃうのです!

そこで、Twitterの開発者向けの公式ページを読んでみた。
Q:Twitterはワールドカップ2010をAPIをダイナミックに評価しましたか?
A:APIは、twitter.com.のトラフィックのおよそ75%をです。これは、我々の最高のサービスに戻すチャンスがAPIへの読まれた荷重を降ろすことになっていることを意味します。

「なるべくなら他の手段で対応し、APIの利用制限というのは行いたくありませんでした。しかし、これが負荷を減らすには有効で、より多くの人にTwitterを利用し続けていただくために効率的であるということで制限に踏み切りました」

Twitter Development Talk
上記のようにTwitterのように爆発的な人気を得るとその対応にも色々苦労するようだ。しかし、僕に取っては、TwitterがTwitterらしくなくなってきたようにも感じる。TwitterのLIFE LINEも頂点が見え始めたように感じているのは僕だけだろうか?

Twitter、高負荷回避のためAPIの利用回数制限を従来の半分に強化

FailWhale

Thanks Shovelling Son’s

Related posts

2 Thoughts to “Twitter APIの利用制限について”

  1. NET JUNKIE2 SEO > DNSをGoogleに変更する利点!

    […] Twitter APIの利用制限について 今まだ完成してません。SEOわかるWEB制作会社のWEBページ 僕はここにいます! […]

  2. […] Twitter APIの呼出が驚異的だ。今回はソーシャルメディアのパーソナルブランディングについて考えてみたい。その前にこのTwitterのAPIを使用したサイトは、このインターネット上に星の数 […]