Wake Up to Email?Google、ソーシャルメディアですか?


ExactTargetによる研究によれば、10人のオンライン消費者(58%)のほぼ6人は彼らが電子メールをチェックすることによって彼らの一日を始めるみたいです。ところが、20%は検索エンジンサイトへまっすぐに向かいます。そして、11%はFacebookでチェックインします。
あなたは、この調査を見て、日本のWEBマーケティングも同様、eメールマーケティングから始めるべきだと再確認することでしょうか?

今回の仕事モードの記事を書くことになります。前回の”KDDIのTwitterパレードが楽しすぎ!”田勢かも知れません。最近エンターテーメントの記事が多かったかも知れませんが、少しビジネスユーザー向けに記事を書きましょう。

ソーシャルメディアマーケティング

どもまでユーザーとコミニケーションしてファンを作ろうと日本でもTwitterの利用を企業は足を踏み出しました。その未知数のメディアに恐る恐る参加しているように思えます。ただ、このメディアの利用は、ブログと連動する必要があります。そして、ソーシャルメディアに対応したブログサイト作りがとても重要なファクターになります。そこにあまりフォーカスされていないのはとても危険です。
この調査から分かるのは、eメールマーケィング、SEO対策、ソーシャルメディアとWEBマーケィングのプライオリティが必要なのように思えるかも知れませんが、そのレも多くな間違です。eメールのリストは、どうやって集めるのでしょうか?サイトから集めるのです。となればSEOタイsカウも大切ですね。しかし、企業のファンを作りには、ソーシャルメディアにリストマーケテイングがとても大事になります。

つまり、企業のWEBマーケティングは、eメールマーケティング、SEO対策、ソーシャルメディアマーケティングと対応しなければならないマーケティングが増えただけなのです。要するに常にこの4つのマーケティングに対応したWEBマーケティングが大切だと言うことなのですね!

ここに僕の書いた記事が、新しいディバイスへの対応するべき問題が記されています!
iPhone iPadに最適化させる:SEO対策への影響は?
Most Americans Wake Up to Email

ここにに面白い記事があったので紹介しておこう!
SEOに関する10の厳しい現実

Related posts

2 thoughts on “Wake Up to Email?Google、ソーシャルメディアですか?

  1. 松本市渚:スターバックスで抹茶。

    今回は、ちょっとしゃれて松本市渚のSTARBUCKS COFFEE(スタバ)からこの記事を投稿する。 右方向からレゲイが流れ、左方向からTUTAYAから演歌が流れスタバのイメージはない。 僕のランチは…