ソーシャルメディアは、僕知恵袋:経済学


アメリカの一部の経済学者が馬鹿なら日本の経済学者はどうなるのでしょうか?

ソーシャルメディアは、僕にいろいろな知識を与えてくれます。毎日の忙しい生活の中で、朝のNHK BSの海外ニュースやCNNを観なくて知ることの出来な情報もです。Jennifer Van GroveのGoogle Buzzで送られてきたリンクは、僕をYou Think You’re Paying Too Much In Taxes?(あなたはどう考えますか?高すぎる税金を払い続けることを)という記事に誘った。
そして僕は、この記事のグラフが単に気に入った。Embed the above image on your siteから以下に貼付けてみた。僕は時々、Flowing Dataをこのブログで紹介している。ビジュアライズされたグラフは、僕の仕事のプレゼンにも役立つ!

一部の経済学者は「馬鹿?」その概念を歴史の展望のPutものと完全に言いました、そして、あなたは理由がわかります。2009年に、経済分析局によると、アメリカ人は連邦、国と地方の税の形で、アンクルサムに彼らの収入の平均9.2%を掘り出しました。1945年に、アメリカ人は平均24%(最も低い税率等級のそれらのために)から途方もない94%(最高のもののそれら)まで、どこでも支払いました。反面、1915年に、平均税率は、わずか1%から7%にわたりました。全部で、経済学者の間のコンセンサスは、連邦主義者とローカルレベルの上の現在の予算上の赤字があれば、今日の低い税率が長く続くことになっていてはならないということです。我々の最新の情報画像に、我々は過去95年で平均課税率を振り返ります。

ソーシャルメディアは、僕知恵袋

ソーシャルメディアで色々なことを知ることが出来る。利用する目的次第では、ものすごいツールになる。例えば、ツイッターでもあなたがどんな人をフォローしているかで、ソーシャルメディアに参加した価値が決まると言っても良いのではないか?あなたの求めるものが、きっと世界の誰かが教えてくる。僕にはそんな気がする。あなたはどう思いますか?

Related posts