iPhone 4G予約しますか?

Lessons from Apple on Advertising and Aesthetics
7日に孫さんのアメリカからの中継を観ていました。iPhone 4Gは、iPadほどの衝撃はありませんでした。そして、iPhone 3Gsで十分な気もしました。ソーシャルメディアを利用するときにマルチタスキングは便利だとは思います!僕はシルバー用の携帯電話とiPadの組み合わせが一番いいような気もします。それでも仕事上は、iPhoneとAndroidを塚分ければならないのは、面倒なことです。
アップル、新型携帯「iPhone4」を発表の動画

スティーブジョブスは彼のWWDC基で7日、iPhone 4を発表しました。そして、それはマルチタスキング(FaceTimeと呼ばれているビデオチャットアプリ)を含むソフトウェアアップグレードです。そして、より素晴らしい装置です。私はまだ幸せなAndroidユーザーです。しかし、私はアップルにそれを手渡さなければなりません。彼らは、美学とマーケティングに関して産業を教育し続けます。FaceTimeはビデオをデモします。

最初、若干の背景。私は正面に面したビデオカメラを持っているGoogle I/OでスプリントEVOを得ました。これまで、私はそれをためしませんでした。訪問しているビデオについての私の一般的な印象はそうです「なぜ?」、私は電話で話すのが嫌いであるので、私が電話で話す間、私に会う能力を他の誰かに与えることは退屈なもののようです。私は、ビデオ呼び出しをするために私の顔の前で私の電話を差し出して歩き回ることを想像することができません。

the FaceTime videoこれは、日本の携帯電話でも以前からあった機能ですね!しかし、離れている家族の顔を見ながら電話するのは、嬉しいことです。しかし、もし、相手に知られたくないところで電話を受けたら大変ですね?

Related posts

Leave a Comment