Google vs. Apple ソーシャルメディアで繋がる意味!

帰宅時に自宅の駐車場に車が止まる寸前にFMからアメリカの名前のない子馬が流れ始めた。余りの懐かしい音に聴きほれた。昨夜というより今朝の3時までUstreamの打ち合わせをしていたからだ。そして、今はこのChormeの裏のタブでは、このブログの”Umbrellaをリアーナ他3人のYouTubeで聴き比べてみた。”でRihnnaのUmbrellaを聴いている。窓の外は、梅雨の気配のない晴天。

さて、Ustreamで、音楽系のライブとトークというテーマでいろいろと模索している。僕自身は、自分たちのトークがたれ流すスタイルを楽しみたい。前回のブログ”Ustream 孫さん他にやることあるんじゃないの?”でも書いたように音楽著作権というものにうんざりしている。孫さんには、著作権協会という団体との交渉をお願いしたいぐらいだ。「音楽を流す側には権利があって、聴く側には権利なく、街を歩いていると聴きたくない曲ばかりが流れる」なんて、信じられない愚かな発想を僕はしてしまう。

TwitterもUstreamも

Twitteでもフォロワーの数が増えていくとつまらなくなるのは僕だけだろうか?Ustreamも僕は、実際に出会うことのない数名の視聴者の垂れ流しを見てもらいソーシャルストリームで参加して欲しい。僕はいつもTwitterよりFacebooKの方が好きだ。僕はどうせ万人に受け入れられる方ではない。もともとTwitterも日本の人より海外の変人とコミニケーションが取りたかったからである。実は昨夜も誰にも知らせずにUstreamも流して、それでも3名の暇人をつり上げた。まるで、魚のいない海に釣り糸を垂らしているようなものだ。

ブログもソーシャルメディアも

ブログも自分を表現する手段だったりソーシャルメディアも同じではないのか?ゆるいつながりが良い時もあるし、固いつながりも求めたい時もある。でも恐ろしいことにこのインターネットの世界では、世界に散らばった僕の繋がりたい人が沢山いる。
さて、今回は、自分の思いばかりを伝えてしまったが、繋がりビジネスの商人は、Google vs. Apple上でなされるようだ。それはPC上のつながりではなく外へ飛び出してソーシャルメディアを楽しむ本格的時代にモバイル広告の新しいスタイルも生まれるのではないかと思う!そこで、”現状は極小市場のモバイル広告、Google vs. Appleが成長の起爆剤になる!?”のマイコミの記事に面白いこと書いてあったので紹介しよう!


Horse With No Name (America) by West&Coast Band Live

一方で将来のモバイル広告市場を狙うべく、広告プラットフォームを巡る争いもすでにヒートアップしている。GoogleのAdMob買収を受け、AppleではQuattro Wireless買収で獲得した技術をベースにした「iAd」をリリースしている。関係者らの指摘によれば、このiAdではAdMobをはじめとしたサードパーティのiPhone広告プラットフォームからの排除を目的としているといわれ、すでに囲い込みが進んでいる様子がうかがえる。

TwitterやFacebookで変な人たちと繋がっていることは、僕の生きる刺激になることは間違えない!

外へ飛び出したソーシャルメディアだが、GPS機能で様々出来ることは嬉しいのだが、こんな天気の気持ち良いときには、公園芝生の上や河川敷に車を止めて、心地よい音楽を聴きながら待ったりする方が楽しいのではないかと思う!つなり、僕の言いたいのは、朝起きてソーシャルメディア。仕事をしながら、帰宅して寝るまで、、、、もうそろそろ、もっと楽しいことを見つけたい。もちろん、変な人たちと繋がっていることは、僕の生きる刺激になることは間違えない!

Related posts

Leave a Comment