Facebookザッカーバーグのミステイク?

僕は、多くの日本人がTwitterにものたりなくなりFacebookに移行する人がこれから増加すると考えています。

もちろん、すべてのTwitterユーザーではないでしょう!そして、僕が以前からそうだったように、Twitterとfacebookは併用して使うのかもしれません。今、WEB界の注目まとは、若干25歳の起業家Facebookのマーク ザッカーバーグにではいでしょうか?ただ、このブログのTwitterのネタとFacebookのネタでは、明らかにTwitterの方がアクセスは多いのです。でも僕は、Facebookにボリュームをおきます!

SAN FRANCISCO - APRIL 21: Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg delivers the opening keynote address at the f8 Developer Conference April 21, 2010 in San Francisco, California. Zuckerberg kicked off the the one day conference for developers that features breakout sessions on the future of social technologies. (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

Facebook設者マーク ザッカーバーグはFacebookがその最近のプライバシー変化で「マークをはずした」ことを認めました。そして、より単純なプライバシー規制が近づいていると約束しています。
ザッカーバーグはPR用語を少し大量に使います。しかし、それはFacebookがユーザーがプライバシー規制に関しては望んだものについて誤った仮定をしたかもしれないと認めることになるでしょう。彼は同社がFacebookの流星のごとく成長していくことに速く動こうとしたと言いています。そして、偽りのユーザーは彼らのプロフィールの異なる面について多くの粒状の規制を望みました。これは明らかに真実ではありませんでした。そして、Facebookは現在、ユーザーフィードバックに対応するために新しい変化を延ばすことを望んでいます。

ワシントンポストで発表される論評原稿では、

「我々が最近聞いた最大のメッセージは、人々が彼らの情報のより簡単な制御を望むということです。簡単に言えば、あなたの多くは、我々の規制があまりに複雑である」と、ザッカーバーグが書きました。「我々は、フィードバックを聞きました。あなたの情報をコントロールするより単純な方法である必要があります。来たるべき週で、我々は非常に使いよりやすいプライバシー規制を加えます。我々は、あなたにすべての第三者のサービスをオフにする簡単な方法も与えます。」

Facebookのユーザ情報のプライバシーセッティング、変化と全体的なスタンスに対する不満は、同社がユーザー(少なくとも若干のの)に彼らが望むものを与えるために他のいかなる選択もしない最近のmonths―soで、非常にそう雪だるま式に増大しました。ザッカーバーグは彼自身必ずしも過去にまじめにユーザープライバシーにそのようなものすべてを持っていきませんでした。しかし、ありうるFTC調査と彼らのアカウントを閉鎖していて、去ろうとしているユーザーのグループとともに、Facebookが最近歩いた経路に沿って行き続けることは自滅的なようです。今日の部分はなかなかの反転を数年前最も個人的なことによってそれ自体という評判を作ったソーシャルネットワークの対象に選びます。
ポストのザッカーバーグの声明に加えて、彼もFacebookプライバシーに、ロバートScoble(Zuckerbergの許可でScobleのブログの上で発表される)に、率直な手紙を書きました。「私は我々がたくさんの間違いをしたということを知っています、しかし、こ私の望みはサービスがより良い場所で終わるということです」と、ザッカーバーグが書いています。

Facebookチームが、実際、ユーザーの恐れを和らげる変化をもたらしているかもしれないのを見るられることには安心できます。しかし、あまりに遅く、それはあまりに小さいです?長年のFacebookユーザーのために、会社が深刻な変化をもたらすことが長くこれをしたことは、期待外れです。そして、会社の最近の実績があれば、変化が批評家をなだめるのに十分でないという若干の可能性が、あります。一方、Reclaim Privacy bookmarkletの自由な使用をして、交差したあなたの指をそのZuckerbergにしておいてください、そして、彼らが彼らが再びものを正しくしようとしていると言うとき、ギャングはそれを意味します。

ザッカーバーグは,間違いを犯したのか?

僕は、Facebook’s Zuckerberg admits mistakes, promises privacy fixesの記事を読みました。ザッカーバーグは、プライバシーの設定について多くの避難を受けています。しかし、僕は、ソーシャルメディアだからといってプライバシーの設定に神経を使いません。そして、日本人には信じられないほど人気のFacebookは、僕も最も需要なソーシャルメディアであることは、事実なのです。例えば、Twitterのフォロワーの100人がFacebookのフレンドの10人分にも値しないと考えてます。もちろん、Twitterのフォロワーさんとは、それほどFacebookで密接な関係を築けるということです。

とんでもないザッカーバーグの野望は坂の上の雲のなか?

Related posts

One thought on “Facebookザッカーバーグのミステイク?

  1. […] Facebookザッカーバーグのプライバシーの設定についてのYouTubeは、彼の力み過ぎようにも聞こえる。 ソーシャルメディアとしてのプライバシーは、殆どチャットかメールでやり取りしてれ […]