Googleの落書きは、より対話的になり始めました。

GoogleのHomepageでパックマンが出来る。これは楽しいかも知れないが、少しうるさい!
それを感じたのは、僕だけでしょうか?いやGoogleのスタッフもそれを感じているようです!Googleはソーシャルゲームに対抗してサーチゲームを始めたのでしょうか?
Pac Man doodle on the Google homepage

Googleの落書きは、より対話的になり始めます。パックマンの30回目の記念日を祝うために、Googleはあなたにゲームをさせる落書きを作成しました。Googleのホームページへ行ってください、そして、ゲームは10秒後に自動的に始まります。

「パックマンは、ナムコによって開発されて、ミッドウェーのそばのアメリカで配布のために認可されて、1980年5月22日に日本で最初にリリースされるアーケードゲームです。その最初のリリースから現代までアメリカ合衆国で非常に人気があって、パックマンは媒体(実質的にテレビゲームと同義の)の典型のうちの1つと1980年代大衆文化の象徴と一般的に思われます。」

私は、何人が彼らがなぜGoogleのホームページを訪問して、パックマンをし始めるかについて忘れるかについてわかりません。最悪の部分は音が消すことができないということです。そして、それは多くのGoogleユーザーを驚かせるか

もちろん、パソコンのボリュームで調整はできますが?

Related posts

Leave a Comment