Google Docsのエディタは、HTML5のような

進化するGoogleのサービスが嬉しい!

Google ドキュメントのエディタは、HTML5のような新しいウェブ標準技術だけでなく、最新ブラウザの高速なレンダリングエンジンを活用しています。そんなGoogle ドキュメントがまた進化しました。
ドキュメントとスプレッドシートの新機能・ドキュメントインポート機能の改善・スピードとレスポンス・コラボレーション機能の向上などが追加、改善された。何よりGoogle ドキュメントが嬉しいのは、OSを問わずに共有できることだ。そして、高価なOfficeは必要がなくなる。
もちろん、Officeほど完璧ではにが、社内コミニュケーションには最適だ。

何度もGoogle ドキュメントをWEB DREAMでも紹介していますが、Googleは、ビジネスユーザには、嬉しいサービスが多い。先ほどGoogle waveを久々に覗いたらまた新しい機能が付加されているようだ。
新しい Google スプレッドシートをお使いの場合、シートをスプレッドシート間でコピーできるようになりました。表計算ソフトにコピペできるは、結構嬉しいです!

詳しい、Google ドキュメントの詳細は、Google公式ブログでご覧ください。
Google ドキュメントの基盤部分の改善について

今、僕のMacは、Google Chromeで絶好調だ。そして、WEB関連のビジネスのドキュメンとはGoogel Docsによって作成される。正直ここまでフリーで使えると僕たちビジネスは、すべてフリーのツールになってしまうような気もする。そして、Googleを神と仰ぐ信者もまた増えるのではないか?
What’s new in Google Docs?

しかし、まだまだ日本語対応に不具合も発生するのも事実だ。特にデーターを他のソフトにコピーしたときには、文字と文字の間にスペースが発生する場合がある。
最高のフリーソフトは、Googleから

Related posts

One thought on “Google Docsのエディタは、HTML5のような

  1. 経験値では、何も判断できない未知の領域だ。

    経済の状況が本当に不安定だ。微かに明るい兆しが見えたと思ったらまたギリシャの問題が世界経済を不安の渦に巻き込む。もう世界は繋がっている。どこかで何かが起こるとすべてに影…

Leave a Comment